株価2倍!ホテル予約プライスラインの秘密

注目の海外企業【第5回】

事業シフトのポイントとなったのは、2005年のブッキング・ドット・コム社の買収だろう。今日、プライスライングループの事業の中核を担っているブッキング社を1億3500万ドルで買収し子会社とした。ただ、当時、ブッキング社の予約対象ホテルは2万軒にすぎず、取扱高もプライスラインに比べてはるかに小さく、最終赤字が続いていた。

収益の基盤を欧州へ大胆にシフト

プライスラインの欧州進出は成功した。その後の同社の取扱高や手数料収入の急速な伸びは、欧州でのサービス展開によってもたらされている。取扱高は2004年まではほとんどが米国内であったが、その後、欧州での取扱高が大きく伸びた結果、ついに2007年には米国取扱高を上回るに至った。さらにアジアなど新興国でのサービスも加わり、米国外での取扱高の高い伸びは2013年も続いている。

旅行市場の規模の大きさを考えると、米国内に比べて、欧州など米国外のほうがもともと大きかった。だが、欧州ではネット予約は定着していなかった。米国では大手ホテルチェーンの存在感が大きく、彼らが独自にネット予約システムを立ち上げていた。これに対して、欧州ではホテルチェーンといっても小規模なものであり、観光地には個人経営のホテルも少なくないため、多くはウェブサイトの整備が遅れていたのである。したがって、欧州では宿泊可能なホテルを一覧でき、ネット予約ができるサービスが新たに参入する余地が大きかった。

プライスラインでは、企業買収とともに欧州でのホテル予約サービスに展開した結果、同社の予約可能ホテルは2006年の6万軒から2012年には5倍近い29万5000軒へ、実際に予約を扱ったホテルの部屋の宿泊数は1900万泊から10倍以上の1億9800泊へ、そして、取扱高は33億ドルから9倍近い285億ドルへと伸ばすことができた。その結果、プライスラインが受け取った手数料収入は4億ドルから10倍の41億ドルへと増加している。

次ページ規模の利益を享受
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。