「カメラを止めるな!」の超ヒット生んだ本質

「拡散」よりすごい「感染」のヒミツ

ミニシアターからスタートし、今年度はなんと観客動員数200万人を超えた映画『カメラを止めるな!』。大ヒットへと繋げた広報戦略とは(写真:カメラを止めるな!を止めるな!)

2018年もあと1カ月を切り、平成最後の流行語大賞やヒット商品番付が次々と発表されています。

今年も、オリンピックや安室奈美恵さんの引退など、さまざまな話題がありましたが、1年前の段階で誰も想像できなかった大ヒットと言えば、やはり映画『カメラを止めるな!』と言えるのではないでしょうか。

なにしろ本来、『カメラを止めるな!』の制作は2017年。監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクトというワークショップで生み出された作品です。2017年11月には6日間の限定公開がされていますが、この段階では当然、全国公開はもちろん、本公開も確定していない状態だったと聞きます。

1年かけての大ヒット、興行収入は30億円超え

監督や出演者の方々も、公開後の反響に驚いたと話されていますから、当然昨年の12月に、この『カメラを止めるな!』の大ヒットを予想できた人はいないはずです。

2018年の6月にミニシアター2館で公開された映画が、あれよあれよという間に累計300館以上で公開され、観客動員数は200万人を突破。興行収入はヒットの目安とされる10億円を大きく上回って30億円を超え、このままいけば『劇場版ポケットモンスター』や『未来のミライ』『レディ・プレイヤー1』など並み居る定番映画や大作を抑えて、2018年の年間映画興行収入ランキングのトップ15に入る勢いだと聞きますから、凄まじいことです。

なぜ『カメラを止めるな!』はここまでの大ヒットになったのでしょうか?

そんな議論を、先日DVDと同日に発売された『カメラを止めるな!』のファンブックの企画で、さとなおこと佐藤尚之さんと対談させていただく機会がありました。

ここでは、ファンブックに紙面の関係で載せきれなかった細かい個人的な印象も含めて、ご紹介しておきたいと思います。

次ページさとなおさんが語る「バズった」要因とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。