沖縄タイムス記者が休職してまで学ぶ意味

社会部からデジタル、そして大学院へ

長く読んでもらえる記事を書くには(写真:news Hack by Yahoo!ニュース)
この春、所属する新聞社の沖縄タイムスを休職し、首都大学東京大学院でデジタルメディアについて学び始めたニュース記者の與那覇里子(よなは さとこ)さん。34歳での一大決心を後押ししたものは何か? その背景には、「紙とデジタルの間を埋める架け橋になりたい」との思いがありました。
記者としてのキャリアはちょうど10年。ジャーナリズムの前線で鍛えられてきた與那覇さんが、デジタルの現場で感じたこと、そしてこれからのメディアの可能性について話を伺いました。
*本記事は、2017年11月30日にnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)に掲載された記事の転載です。

自ら志願し、社会部からデジタル局へ異動

――與那覇さんが東京での大学院生活を始めて、半年がたちました。まずは、なぜデジタルについてあらためて学ぶ必要を感じたのか、そのきっかけから教えてください。

本記事はnews HACK by Yahoo!ニュース(運営:ヤフー)の提供記事です

2007年の入社以降、学芸部や社会部で記者をやってきましたが、次第にメディアの主流がデジタルに移行していくのを感じるようになりました。たとえば、2009年のオバマ大統領就任時には、情報ツールとしてソーシャルメディアが活発に使われていたのが印象的で、気がつけば私自身も、紙よりスマホで日々のニュースをチェックするようになっていました。もともとパソコンのこともインターネットのこともほとんど知らない人間だったので、これでは時代から取り残されてしまうのではないかと危機感を覚え、デジタル局への異動願いを出したんです。

次ページ休職して大学院へ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 日本野球の今そこにある危機
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。