正々堂々と会社を辞めるための「退職ルール」

焦って「退職代行」を利用する前に押さえたい

会社を辞める前に、知っておくときっと役立つ「退職ルール」とは?(写真:iStock/tuaindeed)

最近、話題になっている「退職代行」。「退職願を提出してもなかなか会社を辞めさせてくれない」「上司に退職の話をするのが気まずくて、話を切り出せない」などの理由から会社を退職できずに困っている依頼者に代わって、退職手続きを代行してくれるというサービス。転職市場が活発化し、今の会社を辞めたいという人はそれだけ増えているのでしょう。

もちろん、利用するかどうかは本人次第ですが、そもそも法的に退職のルールがどうなっているのか労働者も会社の人事担当者も押さえておく必要があるのではないでしょうか。

そこで今回は、社会人としていま一度知っておきたい退職に関する法的なルールを説明していきたいと思います。

1. 2週間前に申し出れば退職できる

転職したことがある方はご存じの通り、会社によって社内のルールはさまざまです。労働基準法(以下、労基法)では、労働者が10人以上いれば、会社のルールブックである「就業規則」の作成を義務付けています。「就業規則」には、労働時間をはじめ、休日、休暇などさまざまなルールが定められているのですが、その内容は会社によって、それぞれ異なります。

もちろん、労働者が退職する際のルールも異なります。例えば、「退職は2週間前までに申し出ること」といったように軽めに規定している会社もあれば、「退職は必ず3カ月前に申し出て、会社の承認を得なければならない」と厳しめに規定している会社もあります。いずれにしても、法的なルールをきちんと押さえておく必要があるわけですが、労働条件の最低ルールを定める労基法では、労働者から退職する場合の取り扱いについては、ほとんど規定されておらず、退職のルールは民法で規定されています。

会社のルールより民法が優先される

まず、民法では、雇用契約期間の有り無しで取り扱いが異なっています。正社員のように雇用契約期間の定めがない場合は、「当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する」と定められています(民法627条1項)。

これは民法のルール、つまり法律になるため、たとえ就業規則や個別の雇用契約書で退職は1カ月や3カ月前までに申し出なければならないと定めていた場合であっても、法律である民法のルールが最終的には優先されることになります。そのため、法的には、退職の意思表示を会社にきちんと伝えれば、最短で2週間後に自動的に退職という扱いになるわけです。ちなみに、「1カ月前までに申し出ること」をルールとして定めておくこと自体は法令違反ではありません。

次ページ契約期間中でも「やむを得ない理由」で辞められる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT