2カ所以上で働く労働者に関する規定とは?

あなたにも出来る!社労士合格体験記(第75回)

「うちに来たら?」にびっくり

20082月、4年かけて行政書士試験にようやく合格できたものの、次の一歩をどう踏み出したらよいのかがわからず悩んでいました。そこで、まず私が行政書士試験を受けるきっかけとなった(第7回参照)、餃子専門店で知り合った先生に電話してみることにしました。

合格したことを報告した後、率直に尋ねると「実務経験もないのにすぐ登録するのは勧められない」との答えでした。そこで「どこか実務を修行させてくれるところを紹介していただけないでしょうか?」とお願いしてみました。当時の私の仕事は月・火曜が休みだったため、その2日間が使えるのではないかと、軽い気持ちで考えていたからです。

ところが意外な答えが返ってきました。「うちで修行するのがいちばんいいから、うちへ来たらどうですか」と言うのです。このありがたい言葉にはびっくりしましたが、とりあえず一度会おうということになりました。

チャンスがチャンスを呼ぶ

不思議なもので、物事が動くときにはさまざまなチャンスが同時にやってくるものです。合格する前に求人サイトで応募していた語学学校から、急に面接にきてほしいとの電話が入りました。実は、ネットでのやり取りでは年齢制限もあり一度書類選考で落ちていたため、もうとっくにあきらめていました。ところが、再検討した結果、もしよければ面接を受けてもらいたいと言うのです。

次ページ語学学校の面接はNG
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。