外国人が日本人に伝えたいお金で計れぬ幸せ

ギリシャではお金を使わずに楽しんでいる

夫はギリシャで剣道を教えていますが、剣道の大きな大会の後などは、道場のメンバー同士で議論をすることも多いです。今ではインターネットのストリーミング放送などもあるので、日本で行われる大会もリアルタイムで観ることができます。私も、今年9月に韓国で行われた剣道の世界大会にギリシャ代表として出場しましたが、この大会もインターネットを利用すれば、リアルタイムで観ることができたそうです。

「今年の全日本選手権は去年に比べて内容がよかった」なんて 剣道を始めて半年も経たない人が、 このようなことを言うこともあります(笑)。 「あなた、去年の大会の時は剣道を知らなかったでしょ!」とツッコミたくもなりますが、恐らく話している本人は初心者には初心者にしかない視点があると考えているのだと思います。経験が浅いからこそ、見えるものもある。そう考えているからこそ、初心者でも、そのとき思ったことをしっかりと自分の言葉にして話すのかなと思います。

日本人から見ると、もっと働くべきかもしれないが…

夫もこういう話を聞くと、初めのうちは苦い顔をしていましたが(笑)、最近は「そういう考えもあるね」と答えるようになりました。初心者の考え方はすぐに変わるということがわかったのだと思います。現に少し経ってから同じ話をすると、「そのときはそう思っていたけど、考えが変わった」という人が大半です。もちろん、中には鋭い指摘をする人もいて、そういう人の意見は参考にさせてもらいます。

経験のあるなしに関わらず、自分の考えを大切にして、意見を伝えるというのは、ギリシャ人の特徴だと思います。根拠のない自信というか、本当に「その自信はどこから来るの?」と思うこともありますが、自分を強く信じている人が多いです。『龍馬伝』に出てくる、何があっても挫けない弥太郎のように。

気の合う友人と政治からスポーツまで、さまざまな事柄について、あーでもない、こーでもないと話すのが、ギリシャ人にとってはとても楽しいものになっています。飲み会にしても、飲む人は飲みますが、お酒を飲むことより話をすることを楽しむ人が多いので、ビール1、2杯で終わる人もけっこういます。あまりお金をかけずに楽しむことができるのが、ギリシャという国かもしれません。

ギリシャには、お金では測れない価値を大切にしている人が多くいるような気がします。家族を大切にしたり、自分の好きなことをする時間を持ったり。日本人から見ると、もっと仕事をして収入を増やしたほうがいいと思うかもしれませんが、やっぱり意見の強いギリシャ人ですから、譲れないものは譲れません。

最近、日本では「ぼっち系YouTuber」というジャンルもできつつあると聞きます。1人で食事をしているところを映像にしたり、「ぼっち」の視点から普段の生活を解説したり、そういった動画が一定の人気を集めているようですが、おしゃべり好きなギリシャ人が見たら「友達を作ったほうがいい!」と言ってくるかもしれません。そうなったら、いつもコーヒーを飲みながらのおしゃべりで鍛えているギリシャ人を言いくるめるのは、なかなか難しいかもしれませんね!(笑)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT