外国人が日本人に伝えたいお金で計れぬ幸せ

ギリシャではお金を使わずに楽しんでいる

ギリシャと日本、娯楽に対する価値観の違いとは(写真:pixelfit/iStock)

年の瀬も近づき、忘年会のシーズンも近づいて来ましたね。飲み会があると、その後にどこかへ遊びに行くというのが、日本では定番ですよね。日本に初めて行ったとき、たくさんの娯楽があることにとてもビックリしました。ダーツやビリヤード、マンガ喫茶などなど。考えるだけで何をしようか迷ってしまいます。

日本にあるたくさんの娯楽の中で、とても印象に残っているのがカラオケです。私は、『アグレッシブ烈子』のキャラクター・烈子がとても好きで、ネットフリックスでもよく観ていましたが、カラオケは日本人にとって、ストレスを発散するとてもよい方法になっていることがよくわかります。

夜10時半で警察に注意されちゃうの!?

ギリシャ人の私の目から見て、とても特徴的だったのが、皆の前で歌うということでした。ギリシャでは、生バンドの演奏と一緒に歌っている歌手に合わせて皆で歌う、ということはありますが、大勢の前で、1人で歌うというのはなかなかありません。

皆と一緒に気分よく歌っていた人が、マイクを渡された途端「ダメダメ、歌えない」と恥ずかしがることは、よくある光景です。なので仲間内とはいえ、1人で大勢の前で歌うのは、素直に「すごいなぁ」と思います。ちなみに、私はカラオケで歌うとき、とても緊張します……。

もう1つ印象に残っていることがあります。年末に日本へ行ったとき、飲み会が終わった後、帰宅するためにバス停でバスを待っていると、高校生と思われる女の子が警察官に注意されていました。しばらく遠くから眺めていると、警察の方は女の子たちの家に電話して、「夜遅くに出歩かないように」と家の人に注意していたようでした。

正確な時間ははっきりと覚えていませんが、たしか夜の10時半とかそのくらいだったと思います。ギリシャ人の感覚からすると、そこまで遅い時間ではなかったので、とても驚きました。やっぱり、国によって習慣や考え方は異なりますね。

次ページギリシャでは親も子どももずいぶん自由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT