本当にインターンシップは就活に有利なのか

4人に1人が「有利ではない」と答える理由とは

有利だと思わない学生もいる。それは当たり前だろう。インターンシップ参加者の中で「優秀学生に対して考慮する」企業はほぼ5割。ということは「考慮しない」企業も存在するということだ。

また、「考慮する」企業のインターンシップに参加しても、優秀と判断されなければ優遇されない。

もはやインターンシップは特別なイベントではない。なにしろ学生の8~9割が参加しており、参加は優遇の条件にならない。下記のような感想は至極当たり前である。

「参加しても特に優先的に選考されることもなかったため」(理系・旧帝大クラス)

「実際の業務を知ることができたが、自分が参加したインターンシップはさほど特急切符感のあるものではなかった」(文系・早慶大クラス)

「早期選考に乗れるのは、ほんの一握りだから」(文系・上位私立大)

「インターンシップに参加したのに、書類選考で落とされた企業もあった」(文系・中堅私立大)

インターンシップに参加した企業からのアプローチだが、「早期選考会・面接の案内」と「エントリー受付開始の案内」が5割に達する。続いて「特別セミナーの案内」が3割台、「次のインターンシップの案内」が2割台だ。これらは「引き続き弊社へ応募してくださいね」という企業の意思表示になる。暗に「あなたのことが気に入っている」というサインにもなるだろう。

「リクルーターからのフォロー」「社員紹介」「企業訪問の案内」などの直接のコンタクトもあるが、それらは1割程度にとどまり、「エントリーシートの免除」にいたっては1割未満と少ない。企業のアプローチに、あからさまな勧誘は少なく、抑制が利いているようだ。

参加すれば、志望度が上がる

インターンシップへの参加が、学生にもたらす効果はかなり大きい。文理ともに7割を超える学生が「志望度が上がった」と回答している。8割を超える大学クラスもあり、早慶クラスの理系は85%、上位私大クラスの文系は83%が志望度を上げている。

上のロゴをクリックするとHRプロのサイトへジャンプします

志望度の向上は前向きな姿勢を示している。インターンシップの本旨は就業体験にあり、働く意欲を高めることにあるのだから、かなり良い結果をもたらしていると評価できそうだ。

昔から「ホンモノのインターンシップは長期間」と考えられてきたが、今回の調査では1日、半日のインターンシップも混じっているはず。しかし、長期インターンシップでなくても、大人と接触し、仕事について話すことは良い影響を与えているようだ。

インターンシップを杓子定規に定義して、「長期でなくてはならない」とする論議は、意味がないように感じる。夏のインターンシップに参加しそびれた学生諸君も、ぜひこれから始まる秋冬のインターンシップに、できるだけ多く参加することをお勧めしたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT