23歳の「野球エリート」が大学卒業後に描く夢

日本一になった山根佑太がバットを置いた訳

「もともとスーツに興味があったというのが一番です。この仕事であれば、業種を問わず、さまざまな人と知り合うことができる。年齢も職業も立場も違う、いろいろな世界の人の話が聞ける。社長さんもいれば、新入社員もいますから。

僕は、同じ場所で同じことをするのが、あんまり好きじゃないんですよね。それまでずっといた野球の世界を出たいという思いが強かった。大学に入ったときには海外留学もしてみたいと思っていました」

野球で名を残したことで、できないことがたくさんあった。そこから離れたことによって、別の何かが見えてくるかもしれない。

「これまでやりたいことがあっても、野球があってできなかった。野球を存分にやれたことは幸せでしたが、制限された部分があったのも事実。だからこそ、野球の世界から出たかった。

プロ野球を目指さないのなら、野球は終わり。野球とは別の世界でやりたいことがたくさんあります。大学まで野球を続けて、『やり切った』という思いが強いですね」

山根の野球の実力や実績を知る者は、みな口をそろえて「もったいない」と言う。しかし、山根は過去を振り返るつもりはない。

野球人生に一区切りつけた山根の目標

「まだ新しい世界で実績を残していないので、『もったいない』とか『野球を続ければよかったのに』と言われますが、10年後に成果を出していれば、そうは言われないはずです。何年後かに『野球を続ければよかったな』とは思わない自信が自分にはあります。まずはオーダースーツの仕事をものにして、独立したいと思っています」

『プロ野球を選ばなかった怪物たち』(イースト・プレス)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

野球人生にはひと区切りをつけた。これからは野球とどう付き合っていくのだろうか。

「基本的に草野球はやらないと決めています。よっぽどのことがない限り、いったんは野球と距離を置きます。でも、野球をやってきたことが僕の武器であることは間違いありません。野球を捨てたわけではありませんから」

高校、大学と濃い野球人生を送ってきた山根の前に、どんな困難が待っているかはわからない。

これまでの経験値ではうまく対処できないこともあるかもしれない。しかし、山根はそれを楽しむつもりでいる。

(文中敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT