33歳母「自傷、DV、離婚」経てやっと得た幸せ

壮絶すぎる人生「今の自分は子どもがすべて」

三田さんが現在の幸せを手に入れるまでの道のりは壮絶だった(筆者撮影)

三田愛さん(仮名・33歳)はシングルマザーだ。お子さんは6歳の男の子、来年の春からは小学1年生になる。三田さんのお母さんと3人で生活している。

今年の5月から街のパン屋さんで働き始めた。朝7時半にお店に着いて、パンを焼いたり並べたりしている。

子どもの頃から趣味で描いているイラスト(イラスト:三田さん)

少し前までは、夜間にスナックでバイトしていたが、子どもが小学校に入学することを踏まえて辞めて、昼間の仕事1本に絞った。

三田さんが子どもの頃から趣味で描いているイラストは、グッズにしてイベントなどで販売しており、月に数万円の売り上げになる。SNSにアップしている作品を見た企業から、イラストの依頼を受けたこともあった。

ただもちろん、アルバイトとイラスト販売の収入だけで家族が生活をしていくのは楽ではない。昔に比べて自由もなくなった。

子どもが産まれるまでがとても大変だったから

だが三田さんは日々、幸せを感じているという。

「子どもが産まれるまでがとても大変だったので、今はとても楽しいですね。仕事も趣味もとても充実しています。すべて子どものおかげですね。感謝しています」

ただ、三田さんが現在の幸せを手に入れるまでの道のりは壮絶だった。

三田さんは高級住宅地として知られる土地に生まれた。ただ、三田さんの家の周りは畑ばかりだったという。

次ページ社長令嬢だった日々
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT