33歳母「自傷、DV、離婚」経てやっと得た幸せ

壮絶すぎる人生「今の自分は子どもがすべて」

三田さんが現在の幸せを手に入れるまでの道のりは壮絶だった(筆者撮影)

三田愛さん(仮名・33歳)はシングルマザーだ。お子さんは6歳の男の子、来年の春からは小学1年生になる。三田さんのお母さんと3人で生活している。

今年の5月から街のパン屋さんで働き始めた。朝7時半にお店に着いて、パンを焼いたり並べたりしている。

子どもの頃から趣味で描いているイラスト(イラスト:三田さん)

少し前までは、夜間にスナックでバイトしていたが、子どもが小学校に入学することを踏まえて辞めて、昼間の仕事1本に絞った。

三田さんが子どもの頃から趣味で描いているイラストは、グッズにしてイベントなどで販売しており、月に数万円の売り上げになる。SNSにアップしている作品を見た企業から、イラストの依頼を受けたこともあった。

ただもちろん、アルバイトとイラスト販売の収入だけで家族が生活をしていくのは楽ではない。昔に比べて自由もなくなった。

子どもが産まれるまでがとても大変だったから

だが三田さんは日々、幸せを感じているという。

「子どもが産まれるまでがとても大変だったので、今はとても楽しいですね。仕事も趣味もとても充実しています。すべて子どものおかげですね。感謝しています」

ただ、三田さんが現在の幸せを手に入れるまでの道のりは壮絶だった。

三田さんは高級住宅地として知られる土地に生まれた。ただ、三田さんの家の周りは畑ばかりだったという。

次ページ社長令嬢だった日々
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。