33歳母「自傷、DV、離婚」経てやっと得た幸せ

壮絶すぎる人生「今の自分は子どもがすべて」

いじめが原因で自傷行為に走るようになった。最初は安全ピンで自分を刺した。そのうち、はさみで自分の身体を切るようになった。

「切る時に刃物を力いっぱい押し当ててしまうたちなんです。カミソリだと切れすぎてしまうので、刃先が鈍いはさみを使って自傷行為をしていました」

エスカレーター式の学校だったので、ほとんどクラスメートは同じままで中学に進学した。

先生から言われた忘れられない言葉

「先生が言った『イジメられる側にも問題がある』って言葉が忘れられませんでした。私の中で『イジメられる側に問題があるなら、逆にいじめをやり返したっていいんだ』ってなりました」

イジメた全員に仕返しをしてやろうと思った。イジメっ子たちのカバンや体操服を捨てた。気に食わないことがあれば、殴りつけた。

イジメられることはなくなったが、クラスの中で孤立していった。校内暴力を繰り返すうちに生活も荒れてきた。

そんな中、初めての彼氏ができた。

「13歳の時、20歳くらいの人と付き合いました。指定暴力団の構成員の人でした。ある日、突然連絡がつかなくなりました。それきりです。刑務所に入ったんじゃないかな?と思ってます」

中3になるとほとんど学校に行かなくなった。勉強も好きじゃなかったし、周りの人たちも嫌いだった。進路相談では先生に、

「高校には行かない」

と言った。

「母親には、『ほかの学校でも通信高校でもいいから卒業してほしい』って言われましたが、言い出したら聞かない性格だったので、中学を卒業してすぐにアルバイトをはじめました」

「これは精神を病んでいるのかもしれない」と母親に相談しても取り合ってはもらえなかった(筆者撮影)

喫茶店で働き始めたが、ますます感情のコントロールが難しくなっていった。家族に対して怒りを感じると、抑制が効かず、暴れて物を壊した。家族には腫れ物のように扱われた。

「自分でもやっと『これは精神を病んでいるのかもしれない』と思い始めました。ただ母に相談したら『変な漫画を読んだりして、精神病にあこがれているだけでしょ』と相手にしてもらえませんでした」

それでもあまりにつらかったので、自らアルバイト先の近くにあった精神病院を訪れた。自傷行為や暴力の抑制が効かないという話をすると、

「まずは、来週までリストカットしないでくださいね」

とサラッと言われた。

次ページ「しないで」と言われても…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT