33歳母「自傷、DV、離婚」経てやっと得た幸せ

壮絶すぎる人生「今の自分は子どもがすべて」

「しないでって言われて、しないでいられるなら病院なんか来ないよ……って思いました。その医者を信頼できなくなっちゃって。それで通うのをやめてしまいました」

指定暴力団員の彼氏の後、3~4人と付き合ったがあまり記憶は残っていない。

15歳の時から付き合った20歳の彼氏とは2年間付き合った。一緒に住み始めたのだが、リストカットを繰り返す三田さんに彼氏は

「死にたきゃ死ねば、誰も止めないから。嫌なことがあったら逃げればいいと思ってるんでしょ? お前の周りみんなそうだな」

と吐き捨てるように言った。

腹が立って別れた。次は2人で同棲している部屋から荷物を運ぶのを手伝ってくれた男性と付き合い始めた。

お互いに傷をなめ合う共依存

付き合うとすぐに暴力が始まった。

「毎日殴られてましたね。ことあるごとにハンマーでひじをガンって殴ってきました。誕生日プレゼントに指輪をあげたら、思いっきり顔面に投げつけられたこともありました。『俺が欲しいのはこれじゃない』って……。

別れたかったけど、別れ話を切り出したら殺されそうで言えませんでした。殴った後はすごい謝ってくる人で、お互いに傷をなめ合う共依存になっている部分もあったと思います」

ある日、虫の居所が悪かった彼氏が掃除機の柄を持って殴りかかってきた。お風呂場に逃げ込んだ三田さんめがけてブンッ!! っと打ち下ろした。掃除機の柄はバスタブに当たって、バラバラに砕けた。

「こんなばか力で私を殴ってこようとしてたんだ……」

と思ったら、なんだか目が覚めた。腹も立って、逆に彼氏の顔面を2発ひっぱたいた。

すると彼氏はひざまずいてシクシクと泣き出した。飼い犬に手をかまれたような気持ちになったのかもしれない。

そのまま別れた。

その後、友達の紹介でヤンキーっぽい男性と付き合い始めた。

付き合っている途中で18歳になった。

友達に誘われてスナックで働くことにした。初めての水商売だった。

ワンルームで一緒に生活を始めたが、男性はつねに大音量でテレビや音楽をかけ、夜も明かりを消さなかった。

「そのせいで夜眠れなくなり不眠症になりました。相変わらず感情のコントロールもきかなくて、本格的に精神病院に通うようになりました。

毎日、処方された睡眠薬を飲んで気絶するように眠りました」

次ページ違和感のあった太ももを見ると…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT