僕が日本に”シリコンバレー”を作る!

モビータ・ジャパンの孫泰蔵CEOと語る(上)

スタートアップ界の“香川”は時間の問題

――世界と日本の差は縮まってきているということでしょうか?

孫泰蔵(そん・たいぞう)
MOVIDA JAPAN 代表取締役
1972年、佐賀県鳥栖市生まれ。東京大学在学中にヤフージャパン立ち上げに関わるなど、学生時代から起業経験を積む。2002年にガンホー・オンライン・エンターテイメントを創業。その後も様々なベンチャーの創業や海外企業との大型ジョイントベンチャーを十社以上成功させた。2011年からスタートアップベンチャーを育成専門のスタートアップアクセラレーター「モビーダジャパン」をスタート。「2030年までにシリコンバレーを越える」を合い言葉に、1000社のベンチャー育成、10万人の雇用創出、10億人の生活を変えることをミッションにしている。

 

:はい。僕は、サッカー日本代表を例に挙げることが多いのですが、Jリーグができる前は、「自分たちが生きている間にW杯に出ることはない」とみんなが言っていました。それが、Jリーグ発足から20年経った今、W杯に出るのは当たり前。日本代表の選手の半分以上がヨーロッパで活躍しているという信じられないくらいレベルがあがっていて、ベスト4を目指すという話も出ているくらいです。

現在の日本のスタートアップシーンは、Jリーグ発足当初の盛り上がりに似ています。これからたぶん、カズ(三浦和良)さんやヒデ(中田英寿)くんのような存在が出てきて、今の日本代表の香川真司選手がマンチェスターU、長友佑都選手がインテルといった一流クラブに移籍するクラスの起業家が出てくることも時間の問題です。

伊佐山:その感覚はよくわかります。投資家という視点で日本をみると、“変化”を強く感じます。

僕も、シリコンバレーのベンチャーキャピタルで働いていたときに、社内プレゼンで日本のベンチャーシーンの動きについて、スポーツ業界の動き(サッカー、野球、ゴルフなど)を引き合いに出しながら話していました(笑)。野球に例えると、今の日本のスタートアップは、まだメジャーリーグに行く人が出てきていない状況で、次は野茂英雄さんのような存在が出てくると、変わってくると思います。だから、1社でも世界で成功するベンチャーが生まれれば、一気に変わると思うのです。

:僕はそれで言うと、野茂さんだけでなく、新庄剛志さんのような存在も必要だと思います。野茂さんは、ドジャーススタジアムを大歓声にしたまさに“ヒーロー”で、目線を上にあげる、あこがれの対象の「カリスマ」という意味で重要でした。ただ、多くのメジャーリーガーが増えた功労者は、新庄さんでしょう。彼が行くことで、ある種、「あいつでもいけるのか!」という雰囲気が醸成されたのだと思います。

――世界との差が縮まったと言える象徴的なことは。

伊佐山:それこそソフトバンクが、シリコンバレー・サンカルロスにオフィスを開くことなんか考えもつかなかった。あんなに大きく目立つところにソフトバンク――と。その前にも、ハイウェー101号線(ワン・オー・ワン)に、グリーの人材募集の大きな看板広告が並んだのも衝撃でしたね。

ソフトバンク、グリー、ディーエヌエー、楽天(SNS「ピンタレスト」に出資)といった日本でベンチャー精神を持った企業が、次々とシリコンバレーに進出しているのが、世界との差が縮まっている象徴と言えるのではないでしょうか。

次ページ「明後日、シリコンバレー集合」というスピード感
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。