ジムニーになれなかったパジェロミニの悲哀

あの本格4WD軽自動車が現存していたら

「パジェロミニ」の最終モデル(写真:MITSUBISHI MOTORS Library)

この夏、20年ぶりにフルモデルチェンジしたスズキ「ジムニー」。軽自動車ながら本格的なオフロード走行ができる4輪駆動車として、武骨なスタイル、硬派なコンセプトなどがファンのみならず、幅広い層に受け入れられ大ヒットしている。

そんなジムニーと同じく、軽自動車ながら本格的な4輪駆動車としての位置づけを持ったクルマがあった。三菱自動車「パジェロ」の名を冠した軽自動車「パジェロミニ」である。1994年に登場、2012年に生産を終了したモデルだ。

「パジェロミニ」とはどんなクルマだったのか?

ジムニー人気の一端には日本のみならず、世界的なSUV(スポーツ多目的車)ブームもあるだろう。折しもホンダは「CR-V」を2年ぶりに日本で復活。トヨタ自動車もいったん日本での販売を打ち切っていた「RAV4」を2019年春にも復活する。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

「もし、パジェロミニがいまだに残っていて、最新モデルに切り替わっていたら、ジムニーのようなヒット車種に再びなっていたかもしれない」と話すモータージャーナリストの声もある。試しに中古車情報サイトのカーセンサーで検索してみたところ、パジェロミニの最終モデルの中には本体価格が140万円を超える値をつけるタマもある。そんなパジェロミニとはどんなクルマだったのか。ジムニーとの違いはどこにあったのか。

三菱自動車から「パジェロミニ」が発売された1994年は、国内でRV(レクリエイショナル・ヴィークル)ブームとなっていた。

火付け役は、いすゞ自動車「ビッグホーン」であり、三菱「パジェロ」であった。ことにパジェロは、1982年に誕生後、1985年にはパリ~ダカール・ラリーで優勝するなど、メルセデス・ベンツやポルシェ、プジョーといった欧州競合との戦いを制することで悪路走破性における実力をいかんなく印象付けた。1997年には篠塚建次郎、2002~2003年には増岡浩といった日本人ドライバーによる総合優勝もあって、国内外を問わずブランド化していった。

次ページパジェロミニが生まれた時期は
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT