朝ドラ「まんぷく」がロケットスタートの理由

「安藤サクラのコスプレ」としての安定感

ここで話をまとめると、「恋愛」と「笑い」と「シリアス」のトライアングルのバランスに配慮し、「普通の朝ドラらしさ」を満たした脚本の上で、「安藤サクラ心中」とでも言える、大胆なキャスティング戦略を採用、あの安藤サクラに天真爛漫な「コスプレ」を課したことによって、『まんぷく』のロケットスタートがあったということになる。

安藤サクラが重なる樹木希林

さて、エンタメ愛好者として注目したいのは、『まんぷく』の今後に加えて、女優・安藤サクラの今後である。今回の『まんぷく』での(コスプレの)経験は、彼女にとっての、1つのエポックとなると思う。そして、この経験を栄養として、さらに日本を代表する女優になってほしいと思う。

では、安藤サクラが向かっていく先には誰がいるのか。私は1人の巨星を想起する。それは――故・樹木希林だ。

最近、BS12トゥエルビで、昭和を代表する名作ドラマTBS『時間ですよ』の第2シリーズ(1971~1972年)が再放送されている。そこに脇役として型破りの存在感を示しているのが、悠木千帆(樹木希林の旧名)である。

驚くべきことに、まだ20代後半の樹木希林は、強烈な疲労感の漂う、くたびれた銭湯の従業員を見事に演じきっている。そこに感じるのは、「昭和の安藤サクラ」としての存在感だ。

そして樹木希林は、ご存知の通り、疲労感を超えて、日常におけるささいな生活感をまるごと演じきることができる大女優となって、今年を代表する傑作映画『万引き家族』で、安藤サクラと共演する。

その共演を通じて樹木希林は安藤サクラを、「こういう役者さんがたくさん、これから出てくるといいな」とWebマガジン「FILMAGA」のインタビューでも絶賛している。

名人は名人を知る。

『まんぷく』での経験も栄養としながら、安藤サクラには「平成の樹木希林」、いや「新元号の樹木希林」に、ずんずんと向かってほしいと強く願う。

願えば願うほど、オープニング最後の大の字のポーズも「『新元号の樹木希林』なんて、私が全身で受け止めるわよ」という宣言のように見えてくる――。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT