40代女性が料理家に転身、NYで成功したワケ

「世界で活躍する日本人」の共通点とは?

またジョナサンさんは、ひでこさんに対してこんなことも言っていた。

「ひでこだったら、ビジネスのシーンでもプライベートのシーンでも、どこに連れていっても安心していられる。たとえば、パーティに行って知らない人ばかりだと、ずっと一緒にいなければダメな女性って多いけれど、ひでこは誰とでもフレンドリーに話すことができるし、1人で行動することを恐れないんです」

そんなところも、経営者であるジョナサンさんが、ひでこさんを選んだ理由の1つかもしれない。

相手を変えることはできない

とても仲良しのお2人だが、ケンカはしないのだろうか。

「私がイライラしても、ジョナサンがすぐに『アイムソーリー』ってかわいく謝ってくるんです。そうすると私の怒りも収まってくるから、ケンカに発展しないんですよ。夫婦円満のカギは、旦那さんが先に謝ることかもしれませんね(笑)」(ひでこさん)

そうは言っても、もともとは他人同士。生活をしていて、相手の嫌なところや改善してほしいところなどはないのか聞いてみると……。お2人とも「まったくない」という驚くべき回答が!

ジョナサンさんは「現実的に人を変えることはできないから、その人のそのままを受け入れないといけない。そうしないと、幸せにはなれません」とキッパリ。

「前の結婚で失敗した理由の1つが、相手に変わってほしいとコントロールしようとしたことなんですよね。でも、人ってなかなか変わらないんです。それに、自分だって相手から改善を要求されたらいい気分はしないじゃないですか? だから相手を変えるんじゃなくて、自分の考え方を変えればいいんだって、離婚を通じて学んだんです」(ひでこさん)

ケンカというのは、「なんでそんなことをするの?」または「なんでやってくれないの?」など相手に改善してほしいという思いから始まることが多い。でも、それを続けていたらストレスがたまるし、「もうこの人とは価値観が合わない!」と離婚の原因にも発展してしまう可能性だってある。

相手をコントロールしない。これもお2人が夫婦円満である理由の1つだろう。

またお2人ともそれぞれビジネスを持ち、日々忙しく過ごしている。さらに13歳の息子さんもいる中で、どうやって仕事と家庭を両立されているのだろうか。

「家事や育児の分担は、お互いの得意分野で決めていますね」とジョナサンさん。

たとえば、息子さんはアイスホッケーのチームに入っており、土日の試合だけでなく早朝練習も多い。その送り迎えはジョナサンさんが担当している。というのも、彼自身もアイスホッケーが好きだから、なのだそうだ。

家事全般は家事が好きなひでこさんが担当しているが、洗濯物を畳むのはあまり好きではないため、ジョナサンさんが担当しているそう。

次ページストレスをためないやり方で両立
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT