福西崇史も参戦!南葛SCの負けられない戦い

キャプテン翼の葛飾にJリーグクラブの野望

東京都1部リーグで優勝した南葛SC(写真:©NANKATSU-SC提供)

「みんな出場しないと思っていますが、福西さん(福西崇史)は11月の大会で出場しますよ! GKとして小針さん(小針清允)も出場します!」

南葛SCの岩本義弘GMの言葉に筆者は驚いた。

サッカー元日本代表で、現在はサッカー解説者としても活躍する福西崇史さんが、東京都1部リーグ・南葛SCの公式戦でついに現役復帰するのだ。

将来のJリーグ入りを目指している南葛SCは今シーズン東京都1部リーグで優勝した。関東リーグ2部への昇格を懸け、11月3日から始まる「関東社会人サッカー大会」に臨む。Jリーグ換算でJ7からJ6に相当する昇格を争う戦いだ。

葛飾区からJリーグクラブをという野望

葛飾区立常盤中学校サッカー部OBを中心に1983年に「常盤クラブ」として創設され、「葛飾ヴィトアード」時代を経て、2013年10月にキャプテン翼の生みの親である漫画家・高橋陽一先生を後援会会長に迎えてチーム名も「南葛SC」に変更し再始動した。

(画像:10月25日の福西崇史氏のTwitterより)

練習は葛飾区内で火曜、木曜、金曜と週3回、週末は練習試合か紅白戦だ。東京都1部リーグのチームのため、大半がアマチュア選手で本業の仕事を抱えている。

練習時間も平日19時30分~21時までだ(金曜は20時~22時)。

プロ契約の選手はデイビッソン、レオジーニョ、カベッサのブラジル人3人と、元Jリーガーの柴村直弥と安田晃大の計5人だ。福西氏はアマチュア契約である。

「日本人はサッカーだけで生活できる待遇です。ブラジル人は一軒家を借りて、そこに3人で住んでいます。光熱費もすべてクラブが負担で給料は大卒初任給くらい。カベッサも、これまでのJリーグクラブでの待遇よりも下がっています」(岩本)

現役時代の福西崇史氏、2006年のドイツワールドカップで(写真:アフロ)

東京都2部リーグを戦っていた2017年、デイビッソンとレオジーニョの2人のブラジル人を獲得した。

南葛SCは東京都3部リーグで1度、そして東京都2部リーグで1度それぞれ昇格できずに足踏みをした年があった。

2016年には東京都2部の三菱商事との首位決戦に敗れ、結局1部に上がれなかった。

「三菱商事戦での敗戦後、上のリーグで優勝争いをするチームにしないと難しいという話を高橋先生にさせてもらいました。このままでは、いつまでたってもJリーグなんて遠すぎると」

その後、高橋先生の意向をもとに、南葛SCは補強を進めて行くことになる。現在は提携関係にあるJ3のSC相模原から「入団テストに受からなかったが良いブラジル人選手がいる」という連絡をもらいブラジル人とのつながりができた。補強以外にもSC相模原の望月重良社長からいろいろとアドバイスをもらっているという。

2017年シーズンはそのブラジル人2人の活躍もあり無事に東京都1部に昇格を決めた。

次ページ続々と大型補強を進めている南葛SC
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 家族会議のすすめ
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界のエリートは<br>なぜ哲学を学ぶのか

この世界はどこへ向かおうとしているのか。難問に立ち向かうためにエリートたちが頼りにし始めたのが哲学だ。ビジネスの現場でも使える最新哲学入門。今日から使える10の哲学用語解説と、今読むべき哲学本20冊の紹介も。