C Channel森川氏が広告のプロを招いたワケ

渡邉康司氏がCOOに就任

われわれはもともと「日本を元気にしたい」という思いをもって事業を始めています。日本の文化をもっと世界に発信して、日本に憧れる若者を増やして、結果的に海外の人が「日本の商品を買いたい」、「日本に行きたい」と思えるような環境をつくろうとしています。そこでメイドインジャパンはブランド力の1つですね。

――動画メディアの今後の可能性は。

森川:私の経験でいうと、すべての情報は動画になると考えてます。皆忙しくて、若い人は文字を読まなくなってきているという状況もある。われわれが目指すのは、単に一瞬だけ楽しいものではなくて、永遠に残って役に立つような動画です。ハウツー動画や、ニュース性の高い動画がそれにあたります。

それを最先端のトレンドや事情に詳しいクリッパーが説得力のある言葉でつくり、形にしていくとある意味で動画のウィキペディアみたいになってくるのかなと思っています。エンターテインメントというよりは、データベースに近いものかもしれません。

「動画メディア」という言い方はなくなる

渡邉:おそらく動画メディアという言い方自体が、だんだんなくなっていくのではないでしょうか。おそらくメディアのセグメンテーションが変わってくる。動画がスタンダードになって、その中での発信の仕方が違うとか、スクリーンが違うという話でしかないと思います。

文字ではなく映像なり音声で発信することが、ビジネスモデルとして成り立ってきている。となると、ユーザーが集まるプラットフォームはスマホなのかスクリーンなのかというのではなく、結局、ターゲットやオーディエンスの求めるものをとらえられる力があるところが最終的には残っていく。

それをつくるためのアイデア、クリエイティブ能力、マーケティング能力をもった集団になることが生き残り戦略であり成長戦略ではないでしょうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT