日本の新卒採用が解決できてない3つの難題

就活ルール見直し、経団連の真意はここに

一方で“中問題”の就活ルールのあり方については、2021年春入社組は政府がルール作りを主導したが、その後のルールの決め方が固まったわけではない。仮に政府が介入を続けても、形骸化し、就活時期が”完全自由化”され、結果として採用時期がバラバラになる可能性もある。さらに完全自由化されたとしても、自然と採用時期がある時期に収斂していく可能性も考えられる。

楽天本社で開かれた「みん就フォーラムin東京」(撮影:尾形 文繁)

では残る“大問題”はどうなるか。中西会長の真の狙いはここにある、との見方も根強い。日本型雇用は職務や勤務地などが限定されない「無限定社員」であることが特徴。採用した社員の仕事内容や勤務地などは企業が決める。いわば、「誰が何をやるか」までを企業が決めるスタイルだ。これはまっさらな新卒学生を一括採用するスタイルとも合致し、日本独特の雇用慣習として根付いてきた。

一方のジョブ型は、社員によって職務が定められているのが特徴。企業は「誰が」やるかは決めるが、その仕事内容はその人自身が決める。その結果、日本型のような柔軟な配置転換は難しい一方、個々人に自律が求められ、キャリア意識が根付きやすいともいえる。日本企業はそのどちらに進むのかの選択を迫られている。

企業が個人のキャリアを面倒見る時代ではない

この“大問題”については、「もう個人のキャリアを企業が面倒を見る時代ではない。個人も企業も意識を変えるべきだ」(大手メーカー人事担当者)などの声が上がる一方、「能力のある人もない人も『新卒』というシールを張って社会に出ることができる効果は大きい。そのためにも新卒一括採用は重要」(大学関係者)といった声も残る。

リクルートワークス研究所の大久保幸夫所長は、日本型雇用から欧米のジョブ型への移行には、早期からのキャリア意識の養成など「教育や進学のあり方から変える必要がある」と指摘する。「日本型雇用の見直しという方向性に異論が少なくても、教育の仕組みなどの整備が不可欠。急にハンドルを切るときしみが生じる」(大久保氏)。

仮に新卒一括採用のあり方から見直される状況になれば、採用手法も既存の必勝パターンでは通じなくなる。「横並びのルールがなくなると、個別企業の“採用力”がより問われる時代になる」と、ビジネスリサーチラボの伊達洋駆代表は語る。

企業が“採用力”を高めるには、まずは雇用をめぐる環境がどのように変化していくか、その流れを見極める必要があろう。そこを見誤ると“採用クライシス”に陥りかねない。

『週刊東洋経済』10月27日号(10月22日発売)の特集は「採用クライシス」です。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT