日産GT-R×イタルデザインのすさまじい実力

1億円超の特注「50周年モデル」を徹底解剖

ひと目でGT-Rとわかる丸目4灯のリアテールランプながら、独特のデザインを実現した(写真:日産自動車ニュースルーム)

10月15日(月)早朝、東京・銀座にある日産自動車のブランド発信拠点「NISSAN CROSSING」で、日産自動車がイタルデザインと初めて共同開発したプロトタイプモデル「Nissan GT-R50 by Italdesign(イタルデザイン)」が展示された。そしてこの日から2018年11月25日の期間限定で展示することが発表された。

それぞれの50周年を記念する限定車

イタルデザインは、カーデザイナーとして世界的に名を馳せるジェルジョット・ジウジアーロ氏が設立したデザイン会社で、イタリアに本社を置く。Nissan GT-R 50 byイタルデザインは、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念として制作されたモデルである。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

事の発端は2018年のジュネーブショー。ここでイタルデザインから日産へ、ひとつの提案があった。「それぞれの50周年を記念する限定車のプロジェクトをスタートしないか?」という趣旨のものだったという。

これを受けた日産のグローバルデザイン担当専務執行役員であるアルフォンソ・アルベイザ氏は、ふたつ返事でOKとし、ここから両社の取り組みが始まったわけだ……といっても、このNissan GT-R 50 byイタルデザインがお披露目されたのは、今年8月にアメリカで開催されたモントレー・カーウィークでのこと。これが8月の中旬の話だから、提案から実現まで、わずか5カ月間でこのクルマは世に送り出されたことになる。

もちろん現時点でこのモデルはプロトタイプだが、実際に走行可能なプロトタイプであり、8月のモントレーの際にラグナセカ・サーキットをキッチリと走行したほどだという。

次ページベースとなるのは日産GT-R NISMO
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。