日産GT-R×イタルデザインのすさまじい実力

1億円超の特注「50周年モデル」を徹底解剖

ここでNissan GT-R 50 byイタルデザインのプロフィールを見ていこう。まず、ベースとなるのは最新の日産「GT-R」の高性能仕様である「GT-R NISMO(ニスモ)」である。

ベースのGT-R NISMOは、言うまでもなく日産GT-Rにおける最高峰のモデルで、3.8LのV6ツインターボ・エンジンは、最高出力600馬力、最大トルク652Nmとされている。価格は1874万3400円である。

そしてここに、イタリアのイタルデザインならではのテーラーメイドが組み合わせられることになるわけだ。

今回展示されるプロトタイプは、独創的なツートーン

このプロトタイプの開発、設計、製造はイタルデザインが担当した。そして内外装はロンドンの日産デザインヨーロッパと、日産デザインアメリカが担当。言うまでもなく今回のキーマンとなった、アルフォンソ・アルベイザ氏がそれらデザインの指揮をとった。

今回展示されるプロトタイプでは、「リキッドキネティックグレイ」と呼ばれるボディカラーに、「エナジェティックシグマゴールド」と呼ばれる金色がアクセントとなった独創的なツートーンとなる。

アルフォンソ・アルベイザ氏はこの発表の場で、自らNissan GT-R 50 byイタルデザインのデザインについて解説を行った。

銀座のNISSAN CROSSING1階では、このほかに、1972年式のスカイラインGT-Rのレーシングカーが展示されるが、氏はそのレーシングカーのカラーリングも、今回のGT-R50 by イタルデザインにリンクしていると語った。

さらに今回はイタルデザインからもアンドレア・ポルタ氏が来日しており、ノーマルのGT-R NISMOから、どのような変更があったのかを解説してくれた。

次ページ大きく変更したのはルーフのライン
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。