日産GT-R×イタルデザインのすさまじい実力

1億円超の特注「50周年モデル」を徹底解剖

ここでNissan GT-R 50 byイタルデザインのプロフィールを見ていこう。まず、ベースとなるのは最新の日産「GT-R」の高性能仕様である「GT-R NISMO(ニスモ)」である。

ベースのGT-R NISMOは、言うまでもなく日産GT-Rにおける最高峰のモデルで、3.8LのV6ツインターボ・エンジンは、最高出力600馬力、最大トルク652Nmとされている。価格は1874万3400円である。

そしてここに、イタリアのイタルデザインならではのテーラーメイドが組み合わせられることになるわけだ。

今回展示されるプロトタイプは、独創的なツートーン

このプロトタイプの開発、設計、製造はイタルデザインが担当した。そして内外装はロンドンの日産デザインヨーロッパと、日産デザインアメリカが担当。言うまでもなく今回のキーマンとなった、アルフォンソ・アルベイザ氏がそれらデザインの指揮をとった。

今回展示されるプロトタイプでは、「リキッドキネティックグレイ」と呼ばれるボディカラーに、「エナジェティックシグマゴールド」と呼ばれる金色がアクセントとなった独創的なツートーンとなる。

アルフォンソ・アルベイザ氏はこの発表の場で、自らNissan GT-R 50 byイタルデザインのデザインについて解説を行った。

銀座のNISSAN CROSSING1階では、このほかに、1972年式のスカイラインGT-Rのレーシングカーが展示されるが、氏はそのレーシングカーのカラーリングも、今回のGT-R50 by イタルデザインにリンクしていると語った。

さらに今回はイタルデザインからもアンドレア・ポルタ氏が来日しており、ノーマルのGT-R NISMOから、どのような変更があったのかを解説してくれた。

次ページ大きく変更したのはルーフのライン
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT