バンクシー「切り刻まれた絵画」の新しい価値

作品名は「風船と少女」から「愛はごみ箱へ」に

落札したのは、サザビーズが「古くからの顧客」と称する欧州在住の女性だが、いまもって具体的に誰なのかは発表されていない。11日に同社を通じて発表されたこの女性の声明を読むと「作品が細断された際、最初はショックを受けた。しかしそのあとになって美術史に残る作品が自分のものになることをじわじわと感じ始めた」と語っており、この状態で購入することを改めて表明する格好となった。

聞きつけたファンが会場に行列

さて、そんなバンクシーの話題作が見られるとあって、サザビーズのギャラリーには大勢の人々が集まった。公開が決まったのがわずか2日前、メディアでの紹介もあまり活発でなかった割には、つねに数百人の行列が絶えることはなかったようだ。サザビーズは「平均すると1時間当たり1000人の入場があった」としており、2日間でざっと1万人もの人々がギャラリーを訪れたことになる。

並んでいる人々の顔ぶれをみると、意外と年齢層はさまざまで男女比はざっくり女性のほうが多かった。行列の横を何度か歩いてみて感じたのは、英語以外の言語でしゃべりながら待つ人が目立ったのことだった。

背面から見ても、シュレッダーのようなものは見えなかった(筆者撮影/Courtesy of Sotheby's)

公開とはいえ、20人ほどのグループごとに分けられ、各組の持ち時間は2分間のみ。写真を撮るにもどこをどう撮れば良いのか、セルフィーを撮るにしても周りは暗いし――と、なかなかみな苦労していた様子だ。

問題のシュレッダー部分は表からも裏からも特に怪しいモノが埋まっている感じはせず、巧妙にも「ふつうの分厚い額縁」にしか見えない。

次ページインスタも含めて作品
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT