バンクシー「切り刻まれた絵画」の新しい価値

作品名は「風船と少女」から「愛はごみ箱へ」に

バンクシーのTwitterのフォロワー、という女性は、朝早くにウェールズのカーディフ近郊の自宅を出て、ここへ駆けつけたという。

風船を手から離した女の子の顔が、額縁に隠れている(筆者撮影/Courtesy of Sotheby's)

今回の細断騒動についてこの女性は「何年も前から計画していた周到さ。楽しみにしていたんでしょうね」と、してやったりという作者の気持ちを代弁。「インスタグラムでシュレッダーを仕込むビデオも公開されていましたけど、あれをも含めて作品なのではないでしょうか」と今回の一連の動きをこう評価している。しかも、風船を手から離した女の子の顔が、額縁に隠れているところもおそらく仕掛けなのだろう。

事前の「仕込み」があった?

ただ、こんな嫌みも出ている。BBCは「21世紀前半の芸術作品として美術史上に残ることは間違いない」としながらも、「サザビーズに作品が持ち込まれたとき、仕掛けが金属探知機に察知されなかったのは不思議」と、これまでの経緯にちょっとした疑問を投げかけている。

ちなみに、この「新たな芸術作品」を見るために行列に並んだファンらは、展示室の手前で金属探知機によるボディチェックと目視による荷物検査を受けなくてはならなかった。

筆者が話をした女性はたまたまウェールズから3時間余りかけてやって来たバンクシーのコアなファンだったが、オークションハウスでの展示の際には、「その絵や作者の熱狂的なファンだと海外からでも見に飛んで来ることも珍しくない」(ギャラリーの関係者)のだという。

次ページ落札後に一般公開
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT