バンクシー「切り刻まれた絵画」の新しい価値

作品名は「風船と少女」から「愛はごみ箱へ」に

バンクシーの『風船と少女(Girl with Balloon)』は『愛はごみ箱へ(Love is in the Bin)』に改称された(筆者撮影/Courtesy of Sotheby's)

「このほど買い手が付いたバンクシーの『風船と少女(Girl with Balloon』は、新たな作品として『愛はごみ箱へ(Love is in the Bin)』と改称することをここに宣言します」

世界を代表するオークションハウス・サザビーズは10月11日、落札直後に仕掛けられたシュレッダーによりカンバスの半分まで裁断された作品の改称について、高らかに宣言した。

オークションで落札を知らせる小づちが振り下ろされてわずか数秒後、ビープ音とともにカンバスが滑り降りてきて裁断される状況は東洋経済オンラインを含む各国メディアを通じて映像とともに広く報じられている。その「作品現物」が10月13〜14日の週末、ロンドン中心部にあるサザビーズのギャラリーで一般向けに無料公開された。

オークションのさなかに生で創られた作品

公開にあたりサザビーズのアレックス・ブランチック現代美術(欧州担当)マネジャーは、今回の一連の出来事について、「バンクシーはオークション会場で作品を破壊したのではない。新たに創り出したのだ。史上初めてオークションのさなかに生で創られたこの作品が改名されることについて、当社は大変うれしく思う」と述べている。

『風船と少女』はもともと2006年に描かれた作品だが、同じようなモチーフの絵は壁画としてロンドン市内の2カ所に描かれている。今回のオークション作品をめぐっては、イギリスのメディアの間で「バンクシーの代表作とも言えるもの。どこか有名どころの美術館が展示するために購入するのでは」と下馬評があったものの、サザビーズの落札予想額は「20万〜30万ポンド(3000万〜4500万円)程度」と控えめだった。

ところが、最終的な落札額はその3倍を超える104万2000ポンド(約1億5400万円、サザビーズの販売手数料含む)に達したことも驚きだったが、なによりも落札直後の「作品の破壊」はこれまで例のないことで「作品に瑕疵(かし)があった場合は買い手はこれを拒否することができる」という条項が用いられるのではないかという推論まで語られたほどだ。

次ページ新たな持ち主「美術史に残る作品が手元に」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。