「年金分割」熟年離婚は99%やめたほうがいい

「嫌な夫」でも「仮面夫婦」のほうがまだマシだ

ここからは、夫、妻、それぞれに知っておいてほしいことをご紹介します。

まずは、夫である男性が知っておくべきことについて。前述のとおり、妻が3号(専業主婦)の場合、夫の合意がなくとも、問答無用で該当する期間の厚生年金が半分もっていかれます。「専業主婦=内助の功がある」という前提でそうなっていますが、長らく別居していて生活費を受け取っているケースでも、法的に婚姻関係が続いていれば分割されます。ただし、住民票が同じである必要があります。

分割するのは婚姻期間中の記録分なので、修復の見込みがなければ早く離婚したほうがいいですし、離婚危機を感じたら、妻に働くことを勧めるのが得策です。妻が3号でなくなれば分割には両者の合意が必要になり、話し合いに持ち込むことができます。

離婚後、夫が死亡しても分割された年金は受け取れる

夫から年金分割を受ける妻に知っておいてほしいのは、離婚後、夫が死亡したらどうなるか、です。年金受給開始前に離婚し、年金分割をした場合、夫が死亡しても、予定どおり、分割された分の年金を受け取ることができます(夫が受け取るはずだった年金は、遺族年金として死亡時の遺族が受け取る)。したがって、年金分割をしていれば、夫の生死によって妻の年金額が変わる心配はありません。

『100歳までお金に苦労しない 定年夫婦になる!』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

その後、妻(専業主婦)が死亡したとしましょう。妻の遺族はその分を遺族年金として受け取ることができます。それは、妻と再婚した夫にも権利があるということです。本人に厚生年金がない場合(自営業者だったなど)は、遺族年金が受け取れます。仮に、未婚の自営業の男性が、不倫の末に、夫から年金分割されているバツイチ女性と再婚したとします。再婚後にその妻が死亡した場合、なんと、その夫は彼女の遺族年金を受け取ることができるのです。

もし、年金分割を視野に離婚を考えているのでしたら、これらのことを十分考慮のうえ、慎重に判断することをお勧めします。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中高一貫校<br>子どもが幸せになる学校選び

中高一貫校人気が戻ってきたが、学校の選び方は変わりつつある。偏差値だけでない子ども本位の物差しだ。自主性重視か規律重視かなど4要素による「校風マトリックス」やランキングなど、独自の分析で子どもに合った学校が見えてくる。