「年金は老後働くと結構減らされる」は本当か

「在職老齢年金」をめぐる「4つの勘違い」

「老後はあまり働くと年金ももらえなくなるし…」は本当だろうか。正しい知識を覚えておいたほうがいい(写真:mits/PIXTA)

年金は老後の生活資金の元となるものです。ぜひ関心を持っていただきたいのですが、いかんせん制度は複雑です。いろいろな種類のセミナーなどで質問をお受けしていると「勘違い」がわかって感謝されることも多いですし、電車の中で、ミドル世代の方たちから聞こえてくる会話に「違いますよー」と言いたくなることが、しばしばあります。

「定年後は働かないほうがトク」は大きな間違い

特に誤解が多いのが、働きながら受け取る「在職老齢年金」です。間違って理解してしまうと、「定年後は働かないほうがトク」などと、間違った選択をしてしまう危険性もあります。もしかして、あなたは勘違いしていませんか? 今回は「在職老齢年金」についての「4つの誤解」について早速見ていきたいと思います。

誤解①「定年後、働いている間は年金が出ないか、減らされる」

本当に多くの人が勘違いしているのが、これです。「働く=年金カット」という決めつけです。部分的には当てはまることもあるのですが「働く=年金カット」ではありません。

年金には、「老齢基礎年金」(国民年金部分)と、「老齢厚生年金」(厚生年金の報酬比例部分)があります。65歳から老齢基礎年金が支給されるほか、会社員だった人は年齢によって65歳よりも前に老齢厚生年金が支給されます。

このうち、老齢厚生年金については、働いて一定の収入を得ている人は減額される可能性があります。減額された年金を「在職老齢年金」、減額されることを支給停止といいます。

ただし、働く人全員が支給停止になるわけではありません。

次ページ支給停止になる人の条件とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT