「年金は老後働くと結構減らされる」は本当か

「在職老齢年金」をめぐる「4つの勘違い」

とはいえ、支給停止の額は老齢厚生年金と賃金の合計額によって異なります。「28万円を超えれば全額カット」というわけではありません。老齢厚生年金と賃金の合計額が多いほど、支給停止される額が多くなります。

簡易表を見ていただくとわかりやすいかもしれません。

60~64歳の在職老齢年金

たとえば老齢厚生年金が10万円、賃金が20万円の場合、在職老齢年金は9万円。1万円が支給停止になる、というわけです。

65歳以上は結構働いても、年金は減額されない

誤解③「年金を考えたら働くのは65歳くらいまでがトク」

「体力もなくなっていくし、働けば年金が減るのだから65歳にはリタイアしたほうがいい」と考える人もいますが、ここにも誤解があります。

60~64歳までは、「支給停止にかかるボーダーライン」は年金と賃金の合計が28万円超でしたが、65歳以降はこのボーダーラインが46万円まで引き上げられます。つまり、合計が46万円以下なら年金は全額支給されるわけです。年収にすると550万円以上ですから、現役並みに働く人や役員クラスというイメージで、かなりバリバリ働いても年金は減額されない、というわけです。もし46万円を超えると、超えた分の半分が支給停止になります。

次ページ「支給停止分のお金」は戻ってくるのか?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。