「年金は老後働くと結構減らされる」は本当か

「在職老齢年金」をめぐる「4つの勘違い」

表は、60歳以降に年収300万円で働く場合について試算したものです。

60歳以降に年収300万円(賃金25万円)で働く場合、年金はどうなる?

たとえば60歳までの平均年収が400万円だった人が60~64歳まで年収300万円(賃金25万円)で働くと、賃金収入と年金を合わせた月額は30万2492円と28万円を約2万2500円オーバーします。月額約7万5000円受け取れるはずだった老齢厚生年金から、この約2万2500円が支給停止になります。

それでも賃金と年金を合わせて年収は約363万円となり、年金だけに比べてかなり収入がアップします。また65歳以降、年収300万円で働き続けても、支給停止はありません。

「働ければ働く」というスタンスがおすすめ

誤解④「支給停止された分は、あとでもらえる」
『届け出だけでもらえるお金』書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

最後の誤解は、支給停止された分についてです。この誤解もとても多いのですが、支給停止された分があとで支給されることはありません。支給停止になった分はそのまま消えてしまい、支給されませんので注意してださい。

以上、在職老齢年金についておわかりいただけたでしょうか。

60~64歳の間、再雇用などで厚生年金に加入して働くなら一部支給停止になる可能性が高いですが、賃金と合わせて考えれば手取りはアップするので、やはり働くのが賢明です。

65歳からは、かなり稼いでも年金には影響しにくいので、やはり「働ければ働く」というスタンスがおすすめです。65歳以降も働くことによるメリットは「65歳以降『毎月5万円稼ぐ人』に訪れる幸福」でも触れていますので、ぜひご一読ください。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT