安倍「史上最長政権」を待ち受ける落とし穴

求心力低下が必至、改憲も厳しい

首相は悲願の憲法改正実現のため、臨時国会での自民党改憲案提出を目指すが、与党・公明党の慎重姿勢は変わらず、野党側も「安倍政権での改憲は許さない」と徹底抗戦の構えだ。このため、自民党内でも来年の通常国会での改憲発議は「絶望的」(長老)との見方が広がっている。

安倍政権を取り巻く環境のこうした悪化の最大要因は、来夏の参院選で自民の苦戦が確実視されていることだ。今回改選される議員が当選した2013年参院選では、自民党が現行制度では最多の65議席(選挙区47議席、比例区18議席)を獲得して大勝した。特に1人区(31)では29勝2敗と野党を圧倒し、結党以来初の現職候補の全員当選も果たした。その結果、公明党も加えた与党の議席は非改選も合わせて過半数(122議席)を大きく上回る135議席となり、衆参両院のねじれも解消されて、現在の「安倍1強」が始まった。

ただ、その反動もあって、来夏の参院選では自民党の議席減は避けられない状況だ。特に、2016年参院選から32に増えた1人区は、立憲民主など主要野党が「統一候補」を擁立すれば、「2013年のような大勝は不可能」(自民選対)とされる。自民党は56議席を獲得した2016年参院選でも東北を中心とした野党統一候補に11の1人区で競り負けたからだ。

民進党分裂で多党化した主要野党は、「バラバラでは戦えない」との共通認識から、来夏の参院選では全ての1人区での統一候補擁立を目指している。それが実現すれば、いわゆる「もり・かけ疑惑」などで2016年参院選のときより内閣支持率も低下しているだけに、選挙アナリストらの情勢分析でも「1人区は与野党半々」との予測が多数派だ。そうなれば自民党は1人区だけで10以上の議席減は避けられず、複数区や比例代表でも議席を減らせば、15前後の議席大幅減の可能性もある。

安倍首相は第1次政権での2007年参院選で自民37議席という歴史的惨敗を喫し、同年9月に退陣表明に追い込まれた。12年に一度の統一地方選と参院選が重なる亥年(いどし)特有の選挙事情もあるだけに、首相にとって「12年前の悪夢再来」の不安も拭えない。仮に自民党が50議席台前半にとどまれば、与党の合計議席は参院過半数(124議席)を大きく上回るものの、現在の自民単独過半数と、維新なども含めた参院での「改憲勢力3分の2」を失うのは確実だ。

参院選は「自民50議席」が首相の勝敗ライン

永田町の選挙専門家の間では、来夏参院選での自民党勝敗ラインは「50議席」とされている。124の改選議席に対し、創価学会の強固な支持を持つ公明党が前回と同じ14議席を維持した場合、残る110議席の半分の55議席以上が自民党の「勝利ライン」となり、それを5議席以上減らせば主要野党の合計獲得議席も下回る「敗北ライン」となるからだ。

首相はこれまでの国政選挙では毎回、勝敗ラインを「与党で過半数」としてきた。来夏の参院選での過半数は「定数6増」により63議席となるため、公明党が現状維持とすれば、自民党は48議席以下なら「敗北」となる。ただ、自民50議席で過半数を確保しても、1997年参院選での敗北で即時退陣表明した橋本龍太郎首相(当時・故人)の場合は15議席減だった歴史も踏まえれば、選挙直後の首相の退陣論浮上は避けられない。

次ページ改憲目当ての「同日選」なら国民反発
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT