話題沸騰、「ハズキルーペ」CMの意外な裏側

豪華出演者たちをイジる会長の手腕

ハズキルーペの面々(左から、舘ひろし、渡辺謙、武井咲、小泉孝太郎、菊川怜)(写真:週刊女性PRIME)

「読めなぁい!」

と、小さい文字が見づらいことを、やたらハイテンションに叫ぶ渡辺謙。

手でハートマークを作りながら、

「ハズキルーペ、だーいすき」

と言い、画面に向かってウインクする、菊川怜。

そんな、2人による“破壊力”抜群のCMが話題を集めた、メガネ型拡大鏡『ハズキルーペ』。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

さらにこのCMでは、菊川がお尻で商品の上に座っても壊れないということで、その頑丈さもアピール。そこもまた、すごいインパクトだ。

「『ハズキルーペ』は今、もっとも話題性の高いCMのシリーズになっているのではないでしょうか。あのハリウッドスター、世界のケン・ワタナベ(渡辺謙)が、“ネタ色の強い”CMに、しかも、全力のハイテンション演技を披露していました。

そこに菊川怜さんという、インテリ枠の女優が、ウインクやお尻での踏み潰しという色気を散りばめる。2人の絶妙なやりとりが印象深いものになっています」

と、あるテレビ関係者は語る。

第2弾から急に話題になるような作りになった

この渡辺謙と菊川怜のCMは、シリーズの第3弾にあたる。その前の第2弾では、舘ひろしが出演し、これも一部で話題を集めた。前出のテレビ関係者は言う。

「舘ひろしさんが、娘と素敵なディナーを楽しむという設定なのですが、その際、2人が楽しむワインに、『美味しい!何年の?』『お前が生まれた年だ』というやりとりがあった後に、舘さんがバスローブ姿で登場。

舘さんだからこそ醸し出せる色気ですが、親子デートなのにちょっと親密な雰囲気が出すぎていて、『パパ』という呼び方も、別のパパのように聞こえると、ネットで話題になりました

気になる第1弾は、実際に趣味であるプラモデルを製作する姿で登場した、石坂浩二だった。

「石坂さんのCMは、細かいパーツがよく見えると、ストレートに商品の魅力をアピールしたものでした。それが第2弾から、急に話題になるような作りになり、一体何があったのかと、謎に包まれています(笑)」(前出・テレビ関係者)

次ページストーリー性が出てきた第4弾
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT