「世界ふしぎ発見!」が33年も続いている必然

レジェンド・オブ・クイズ番組は何が凄いのか

番組30周年を祝う記念写真(写真:「GALAC」より転載)
“ミステリーハンター”が世界中に飛び、各地のユニークな話題を問題として提供する。紀行系クイズバラエティの代表的番組である「日立 世界ふしぎ発見!」(以下「世界ふしぎ発見!」)は今年4月に放送33年目に突入した。番組開始以来プロデューサーを務める重延浩氏に、そのエピソードと番組に懸ける想いを披瀝してもらった。

歴史とクイズを組み合わせることに独創性

「世界ふしぎ発見!」が第34回ATP賞特別賞を受賞した。1986年から33年間、土曜のプライムタイムでクイズ番組を制作し続けたことへの評価を受けた。深く感謝する。

『GALAC』2018年10月号の特集は「クイズ番組が熱い」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

番組のアイデアはいつ生まれるものか? 中国には1000年前から「三上」という言葉があり、「馬上」「枕上」「厠上」で発想が生まれると言われた。頷く人も多いだろう。「世界ふしぎ発見!」のアイデアは、ごく平凡に会社の机上で開いた古代エジプト学の本の一行から生まれた。

「古代エジプトの時(とき)の神は鴇(トキ)である」。まるでギャグのような歴史事実に、つい笑った。そのとき突然「これはクイズ番組になる!」というひらめきが生まれた。当時は「なるほど!ザ・ワールド」(フジテレビ)、「世界まるごとHOWマッチ」(毎日放送)などすでに成功した海外取材クイズ番組があり、そこに新しく参入することに異論もあったが、私は歴史とクイズを組み合わせることに独創性があるという自信を持っていた。

さっそく企画書を書いた。「セブンミステリー」という企画書だった。歴史のなかにミステリーを見つけてクイズ番組にする。そのころはワープロもなく手書きだった。イラストも自分で描く時代だった。

次ページクイズという手法はきわめてテレビ的である
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT