「世界ふしぎ発見!」が33年も続いている必然

レジェンド・オブ・クイズ番組は何が凄いのか

番組30周年を祝う記念写真(写真:「GALAC」より転載)
“ミステリーハンター”が世界中に飛び、各地のユニークな話題を問題として提供する。紀行系クイズバラエティの代表的番組である「日立 世界ふしぎ発見!」(以下「世界ふしぎ発見!」)は今年4月に放送33年目に突入した。番組開始以来プロデューサーを務める重延浩氏に、そのエピソードと番組に懸ける想いを披瀝してもらった。

歴史とクイズを組み合わせることに独創性

「世界ふしぎ発見!」が第34回ATP賞特別賞を受賞した。1986年から33年間、土曜のプライムタイムでクイズ番組を制作し続けたことへの評価を受けた。深く感謝する。

『GALAC』2018年10月号の特集は「クイズ番組が熱い」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

番組のアイデアはいつ生まれるものか? 中国には1000年前から「三上」という言葉があり、「馬上」「枕上」「厠上」で発想が生まれると言われた。頷く人も多いだろう。「世界ふしぎ発見!」のアイデアは、ごく平凡に会社の机上で開いた古代エジプト学の本の一行から生まれた。

「古代エジプトの時(とき)の神は鴇(トキ)である」。まるでギャグのような歴史事実に、つい笑った。そのとき突然「これはクイズ番組になる!」というひらめきが生まれた。当時は「なるほど!ザ・ワールド」(フジテレビ)、「世界まるごとHOWマッチ」(毎日放送)などすでに成功した海外取材クイズ番組があり、そこに新しく参入することに異論もあったが、私は歴史とクイズを組み合わせることに独創性があるという自信を持っていた。

さっそく企画書を書いた。「セブンミステリー」という企画書だった。歴史のなかにミステリーを見つけてクイズ番組にする。そのころはワープロもなく手書きだった。イラストも自分で描く時代だった。

次ページクイズという手法はきわめてテレビ的である
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。