「温室効果ガス排出量が多い」トップ100社

異常気象は温暖化の影響もあるとされるが…

温室効果ガス排出量は、業種によって、また企業規模によって大きく異なっており、単純比較で評価するのは難しい。

企業規模を超えて環境効率性を推計

そこで、環境効率性を表す指標の1つとされる「売上高あたり温室効果ガス排出量」でみるという方法もある。

たとえば電気・ガス業では、電力会社とガス会社でこのデータに大きな差異があるが、このように業種によっては、同じ業種内で大きなバラツキが見られる。ただ、ある程度似たような業態での、特に企業規模を超えた比較には有効だろう。最も大事なのは、毎年の調査でこの数値が着実に小さくなっている企業を評価することだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT