最新!「新・企業力ランキング」トップ300社

財務面から企業を分析、ヤフーが2年連続1位

今年のランキングでもヤフーが1位となりました。左から常務執行役員の小澤隆生氏、川邊健太郎社長、宮坂学会長、常務執行役員の宮澤弦氏。ヤフー本社に飾られている人形(撮影:今井康一)

財務面から企業の真の力を探る「新・企業力ランキング」は今回で13回目。成長性、収益性、安全性、規模の4つのカテゴリーで、それぞれの財務指標(3年平均)を多変量解析の「主成分分析」で相対評価。各得点を合計して作成した。

ランキング対象は2018年9月1日時点で上場している一般事業会社(銀行、証券・先物、保険、その他金融は除く)のうち主成分分析用の財務データが取得可能な3480社だ。今回は、この中から上位300社を紹介する。

なお上位2000社は2019年4月発売予定の『CSR企業白書』2019年版に掲載する。また、前回のランキングは『CSR企業白書』2018年版を参考にしていただきたい。

1位は2年連続でヤフー

ランキング1位は2年連続でヤフー。第10回、11回の富士重工業(現:SUBARU)に続き、5社目の2連覇となった。総合得点は3769点。各部門の得点は成長性966点、収益性803点、安全性1000点、規模1000点といずれも高得点となった。

アスクル子会社化などでEC(電子商取引)事業を拡大。2018年3月期の売上高は8971億円で2015年3月期4284億円から倍増するなど、成長性得点は昨年の931点から35点アップとなった。

一方で売上高営業利益率、ROE、ROAなどの指標は低下し、収益性得点(803点)は2016年(第10回)928点、2017年(第11回)879点、2018年(第12回)835点と年々ダウン。有利子負債も増加し、自己資本比率は2017年3月期の60.7%から2018年3月期には40.3%まで低下した。

前回のランキングを掲載している『CSR企業白書 2018年版』(最新号は2019年4月発売予定)。書影をクリックすると東洋経済オンラインストアにジャンプします

本評価は3年平均の値を使用しているため、指標悪化は徐々に影響が出てくる。そのため今回1000点の安全性得点は来年以降、大きく下がることが予想される。3年連続トップは厳しそうな状況になってきた。

2位は昨年8位から上昇した東京エレクトロン(3744点)。半導体製造装置で世界3位の同社は世界的な半導体需要拡大で2018年3月期の売上高は1兆1307億円と昨年7997億円から41.4%アップ。当期利益も1152億円から2043億円と77.4%増で、成長性得点は831点から915点に上昇した。

ROEも2016年3月期13.9%から2018年3月期には26.6%に倍増し収益性得点も829点まで向上。もともと高い安全性1000点、規模1000点と合わせて2位まで浮上した。2019年3月期も増収増益の見込みで初の1位も見えてきた。

次ページ3位以降にランクインしたのは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。