居酒屋の「お通し」は訪日外国人にも不思議だ

新宿、渋谷で外国人が使える「食事券」の試み

12日の会見では吉住健一新宿区長、長谷部健渋谷区長も出席し、新宿区と渋谷区がタッグを組み、外国人観光客の消費拡大を目指すことを表明した。

左から一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会代表理事 新津研一氏、一般財団法人渋谷区観光協会理事長 金山淳吾氏、渋谷区長 長谷部健氏、新宿区長 吉住健一氏、一般社団法人新宿観光振興協会専務理事 古川哲也氏(写真:一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会提供)

バウチャーの販売場所は新宿観光案内所をはじめ、東京・大阪の「Tickets Today」13店舗で、2019年1月から販売する。購入できるのは外国人だけだという。また、試験的に2カ月間だけ行うもので、今後は利用状況をみて考えるという。

繁華街では、ぼったくりなどの被害が時たま報告される。酒が入るとおおらかになったり、判断能力が鈍ることがあり、それに付け入って荒稼ぎする業者も一部ではあろうが存在する。またプチぼったくりという言葉も登場してきた。

「飲み放題1000円。300円からある料理を最低2品注文してほしい」と客引きに言われて入店したところ、お通し400円、それにテーブルチャージ、週末料金が加算され、さらにサービス料を取られたというようなトラブルだ。金額は小さくても納得いかない支出、だまされたという事実は嫌な思い出として残る。「おもてなし」の国にはふさわしくない。

「おもてなし」の国にふさわしいサービスを

こうした試みだけで問題が解決するかは疑問だが、2019年にはラグビーワールドカップの日本での開催、2020年には東京オリンピック・パラリンピックを控え、スポーツイベントを通じて数多くの外国人が日本にやって来ることが予想される。

飲食店や行政など関係者が知恵を絞るきっかけにして、日本人、外国人を問わず安心してナイトタイムが楽しめる繁華街に成長してほしいと願っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。