相手に伝わらないのは「言い方」に問題がある

「伝える」のは、場数を要するスキルだ

まずは、ステップ1「言いやすいことを言いやすい人に言う」ところからスタートしてください。このくらいのこと言わなくてもよいかな、といった程度の、通常なら「ま、いいか」でのみ込んでしまうようなことを言葉に出して相手に伝えることが大切です。

相手に対して「ちょっと気になる」「なんか違和感がある」といったことを取り上げるとよいでしょう。実は、この感覚は、放っておくとやがて「怒り」に転じる感覚なのです。たとえば、相手の仕事のやり方に「ちょっと気になる」ところがあったとします。言わないでいれば、その状況は変わらないので、だんだんと「イライラする」状態につながり、最終的に「腹が立つ」といった具合に、発展しやすいのです。

気持ちが大きく動いてしまうようになってから伝えるのは、イライラや怒りが相手に伝わりやすく、こちらの言い回しも穏やかに、とはいかないものです。しかし、言いやすい人に「なんか気になる」程度のことを伝えるのですから、こちらにも余裕がありますので、基本にのっとり冷静に伝えることができるはずです。これが、スムーズにできるようになってから次のステップです。

スモールステップで経験を積んでいく

ステップ2「言いやすい人に、言いにくいことを言う」。これも段階を踏んで、少しだけ言いにくいことから始めましょう。人によって、ハードルの高さはさまざまだと思いますが、たとえば「相手が忙しいときに、自分の仕事を手伝ってもらう」とか、「無理を言って仕事を代わってもらう」などから始めるのは、いかがでしょうか。

そして、これらができるようになって初めてステップ3「言いにくい人に言いやすいことを言う」のステップに進めます。最終的にステップ4「言いにくい人に言いにくいことを言う」というところまでたどり着くのは、かなりの時間と場数を要するのです。いきなりジャンプアップは難しく、スモールステップで経験を積んでいく必要があります。

相手、状況、内容によっても一筋縄ではいかないと思いますが、場数を踏んでいく中で、トライ&エラーを繰り返し、事実をシンプルに穏やかに伝えていくスキルが身に付きます。そして、相手の出方や状況に応じて臨機応変に対応することを感覚で学んでいき、対応の柔軟性が身に付いていくのです。「伝える」とことをあきらめずに、できることからトライしていただけることを願っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT