秋葉原に「安倍支持旗」が立ちまくった舞台裏

自民総裁選、選挙戦最終日に何があったのか

選挙戦最終日の19日、秋葉原と渋谷で対照的な街宣が行われた(写真:共同通信)

9月20日に行われる自民党総裁選では、下馬評通りに安倍晋三首相が当選するのはほぼ間違いない。その選挙戦最終日の19日、秋葉原と渋谷で対照的な街宣が行われた。

午後5時の秋葉原駅前では、白地に赤字で「責任、実行 平成のその先の時代へ」と書かれた巨大な幟(のぼり)や日の丸がはためいた。

「支持者」ががっちりガードしていた

筆者が注目したのは、聴衆だ。昨年7月の東京都議選では、一部の人たちが安倍晋三首相に対し、「帰れコール」を浴びせていた。この時、彼らは街宣車の正面に陣取り、「アベ辞めろ」と執拗にコールを繰り返し、これをみた安倍首相が「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と指を差したため、安倍首相は批判を浴びた。はたして、"こんな人たち"は来ているのか。

動員された人々が多くの幟を使って「反安倍」のメッセージを目立たないようにしていた(写真:共同通信)

今回、プラカードを掲げた人たちが入る隙間はあまりなかった。街宣車の周辺、特に正面はしっかりと支持者で占められ、「恥を知れ」「嘘つき 辞めろ」「安倍さんじゃないのがいい」などのプラカードを掲げた人たちは自民党関係者の巨大な幟に阻まれ、駅前広場の隅のほうに追いやられていたのだ。

安倍陣営の“動員”は完璧だった。街宣車の近くで各地区の名前が書かれたプラカードを持つ人たちもいたが、彼らが“壁”となって安倍首相を守っていた。

次ページ次々と「安倍支持」のメッセージ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。