容疑者ケインズ 小島寛之著

容疑者ケインズ 小島寛之著

1960年当時、ケインズ経済学は輝いていた。ケネディ政権はサミュエルソンらを登用し、ロビンソンなどの左派も元気いっぱいだった。しかし今、ケインズ政策といえば放埓(ほうらつ)な財政出動と同義といわんばかりの理解が横行している。

著者はケインズの個々の定義や一般的政策論については批判的だが、ケインズの言わんとしたことを推量し、現代的意義を認めないわけではない。公共事業の効果は否定されるが、議論に赤字国債が加われば話は変わるだろう。

サブプライム危機をテーマにした章ではナイトの不確実性理論などタイムリーな解説がなされ、選好と意思決定のメカニズムについての章も興味は尽きない。総じて最新の経済学が易しく理解できる構成になっている。そしてきちんとケインズに戻ってくるところはなかなかに読ませる。それにしてもよくわからないタイトルだ。はやりの映画にあやかったのか。あまり深く考えないでおこう。(純)

プレジデント社 1260円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。