台風21号が日本上陸、100万人超に避難勧告

700便以上が欠航

9月4日、非常に勢力の強い台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した後、午後2時ごろに神戸市付近に再上陸した(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 非常に勢力の強い台風21号は4日正午ごろ、徳島県南部に上陸した後、午後2時ごろに神戸市付近に再上陸した。消防庁によると、これまでに各地で100万人超に避難勧告が出されている。

台風が非常に強い勢力のまま日本に上陸するのは1993年の台風13号以来、25年ぶり。 

日本列島を北進する21号の影響で、各地で暴風と大雨による被害が出ている。NHKによると、一部地域では1961年の第2室戸台風以来、最高となる潮位が観測され、関西国際空港(大阪府)の滑走路が冠水した。

また、700便以上が欠航し、新幹線も本数を減らして運行している。大阪市にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)も終日休園となった。

経済産業省によると、西日本では約17万7000世帯で停電が発生。トヨタ自動車<7203.t>は、14工場で夜勤シフトを中止したと発表した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 起業家的音楽家
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。