ナイルデルタで紀元前5000年期の集落発見

新石器時代の居住が判明

 9月2日、エジプト考古省は同国とフランスの調査チームがナイルデルタで、知られているものとしては最古とみられる新石器時代の集落跡を発見したと発表した。写真は2016年2月撮影のナイルデルタ地帯(2018年 ロイター/Amr Abdallah Dalsh)

[カイロ 2日 ロイター] - エジプト考古省は2日、同国とフランスの調査チームがナイルデルタで、知られているものとしては最古とみられる新石器時代の集落跡を発見したと発表した。

発見されたのは複数の貯蔵庫で、大量の動植物の遺骸のほか、陶器、石器などが収納されていた。

この発見により、Tell al-Samara地域に、エジプト最古として知られるピラミッドよりはるか前の時代となる紀元前5000年期に人が居住していたことが示された。

降雨に基づく新石器時代の農業は、灌漑に基づくナイル川流域の農業への技術革新を理解するうえで不可欠な手がかりを含んでいるとみられている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT