EU「サマータイム」廃止へ、具体的計画を議論

ユンケル欧州委員長が意向を表明

 8月31日、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は、夏時間と冬時間を切り替える慣行を廃止するとの意向を表明した。仏ニースで撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[ベルリン 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は31日、夏時間と冬時間を切り替える慣行を廃止するとの意向を表明した。大半のEU市民が切り替えに反対していることが調査で判明したことを受けた。

ユンケル氏はドイツのテレビに対し、8割以上のEU市民が切り替え慣行の廃止を望んでおり、夏時間を通年で利用することを支持していると説明。欧州委員の間で廃止計画を議論すると付け加えた。

切り替え慣行の廃止には各国政府と欧州議会による承認が必要となる。

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • ビジネスパーソンのためのポケモンGO攻略法
  • 就職四季報プラスワン
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
買って良い街 悪い街

家は人生最大の買い物。購入後の大幅値下がりは後悔のもと。3大都市圏の割安な駅ランキング、519市区の「街の偏差値」を掲載。住宅情報誌ではわからない、後悔しない住まい選び。