EU「サマータイム」廃止へ、具体的計画を議論

ユンケル欧州委員長が意向を表明

 8月31日、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は、夏時間と冬時間を切り替える慣行を廃止するとの意向を表明した。仏ニースで撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[ベルリン 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は31日、夏時間と冬時間を切り替える慣行を廃止するとの意向を表明した。大半のEU市民が切り替えに反対していることが調査で判明したことを受けた。

ユンケル氏はドイツのテレビに対し、8割以上のEU市民が切り替え慣行の廃止を望んでおり、夏時間を通年で利用することを支持していると説明。欧州委員の間で廃止計画を議論すると付け加えた。

切り替え慣行の廃止には各国政府と欧州議会による承認が必要となる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
鉄鋼不況の常態化は必至<br>迫られる国内リストラ

日本製鉄をはじめ、JFE、神戸製鋼所の鉄鋼3社は、強烈な不況に苦しんでいます。主力の鉄鋼事業の利益が急減し、逆風は一時的とは思えません。買収を含めた海外での拡大、国内拠点のリストラなど、生き残り策の深層をリポートします。