EU「サマータイム」廃止へ、具体的計画を議論

ユンケル欧州委員長が意向を表明

 8月31日、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は、夏時間と冬時間を切り替える慣行を廃止するとの意向を表明した。仏ニースで撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[ベルリン 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は31日、夏時間と冬時間を切り替える慣行を廃止するとの意向を表明した。大半のEU市民が切り替えに反対していることが調査で判明したことを受けた。

ユンケル氏はドイツのテレビに対し、8割以上のEU市民が切り替え慣行の廃止を望んでおり、夏時間を通年で利用することを支持していると説明。欧州委員の間で廃止計画を議論すると付け加えた。

切り替え慣行の廃止には各国政府と欧州議会による承認が必要となる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進化し成長するクラウド市場<br>アメリカ3強が争う世界覇権

米国の巨人企業たちが今、しのぎを削るのがクラウド事業だ。先行したアマゾン ウェブ サービス(AWS)が過半のシェアを握るが、マイクロソフト、グーグルの猛追ぶりはすさまじい。導入が進む日本企業のクラウド活用事例も多数紹介。