医者と患者が「ガッツリすれ違う」根本理由

大竹文雄×石川善樹「行動経済学の力」対談

石川:これからはどんどんデジタルの世界になっていきますから、どんなタイプかわかりやすくなってくるでしょうね。

女性医師の患者のほうが死亡率が低い

大竹:医療者に行動経済学的なバイアスがあるということも知っていただきたいと思います。「なぜ医師の診療パターンに違いがあるのか」の章では、医師の判断は必ずしも合理的ではなく、診療パターンにばらつきがあることを解説しています。

なかでも津川友介先生が、アメリカのデータを使って、内科医の患者さんの死亡率に男女差があるかどうかを調べた研究は興味深いものでした。

石川:世界的に有名になった研究ですよね。

大竹:女性医師の患者さんのほうが死亡率は低いという結果でした。過去の研究報告によると、女性医師のほうが男性医師よりもガイドラインに沿った治療を行い、より患者中心の医療を提供しているといいます。

最近、某医大で女子受験生の点数を一律に減点していたことが発覚しましたが、タイムリーな研究ですね。

これまで主な章の概要を紹介しましたが、本書を読んでみて石川さんの感想はいかがでしょうか。

石川:私の感想は、1冊で3度おいしいみたいな本(笑)。というのも、会話例で医師と患者さんのすれ違いがわかり、その後の解説で理屈がわかる。さらに、解決策もわかる。

行動経済学が医療現場にアドバイスできることは、たくさんあると思いますが、逆に、医療現場から行動経済学にフィードバックできることってありますか?

大竹:行動経済学では、人はこういうときにこんなことをしやすいという、多くの人に当てはまる傾向について、いくつかの原則はわかっています。しかし、実際にどのナッジがより有効なのかは、タイミング、文化、状況によって異なるので、やってみないとわからないことが多いのが現状です。

本書のプロジェクトでは、高齢者ほどバイアスが大きいこと、乳がん検診では人によって効果的なメッセージは異なることがわかりました。医療現場における多くの事例、応用を通じて、逆に行動経済学の知見が広がっていくことを期待しています。

(構成:大内ゆみ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT