「万引き家族」が中国の若者も魅了したワケ

9日間で実写邦画歴代1位の興行収入を達成

では、『万引き家族』はどこが評価されているのだろうか。是枝裕和監督の作品が中国の若い文芸青年に最も評価されているのは、「淡泊なタッチ、控えめの表現、だからこそほんわりとした温かみと感動を長く心で味わえる」ことだ。それを『万引き家族』は完璧に具現化し、社会問題まで取り上げていた。

万引き家族の日本版ポスター(写真:(C)2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.)

今回の映画のストーリーについて、日本では、万引きが国際社会にネガティブな印象を与えるのではないか、このようなことは本当に現実にあるのか、などと批判的な意見も散見される。

とはいえ、中国人の若者たちが、こういった「疎外された」人々の物語で日本をネガティブに考えることはまったくないと言える。

むしろ、こういった決して健全ではない環境の中で、輝いている人間性に感動し、自然な演技を絶賛し、そして誰でも抱く社会・家族・将来への不安に強く共感しているのである。

完璧ではないからこそ、どこかで、ニュースで見た事件、身近な知人、あるいは自分のことと重ねる。そして、その中から密やかな愛情に強く心が打たれる。

日本という国がどうかというより、ストーリー自体に感動し、淡々としながらも暖かい家族愛のメッセージを受け取ったのだろう。

中国版ポスターも話題に

さらに中国で宣伝用に作成されたポスターは、中国内外のファンに非常に好評である。

中国版のポスター(画像:(C)2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.)

一枚は花火のシーンをベースにしたポスターであり、悲しいストーリーだと思えないほど、にぎやかで温かいのである。ポスターを作成したデザイナーが中国人視聴者の心をつかむにはこの「温かみ」だととらえたのだろう。

『万引き家族』の中国での大盛況は、たまたまのヒットではない。基盤である文芸青年という大衆の支持、是枝監督が数年前から人気を博していたこと、カンヌ国際映画祭でのパルムドール受賞、中国国内での正式上映。4つの要素の相乗効果で大成功したといえる。

今回の映画だけではない。

日本の商品もサービスもほかのコンテンツも、『万引き家族』のような、中国人若者に響く内容がたくさんある。中国国内の社会環境が激変しているなか、彼らの心を把握し、ブランディングしていけば、最終の成果物はきっと彼らを魅了するだろう。『万引き家族』は、その1つのいい事例なのだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT