テスラCEOが突然非公開化を取り消した事情

5人の人物が明かしたマスク氏の意図

非公開化するとツイートしたわずか3週間後に、非公開化を撤回すると発表したイーロン・マスクCEO。いったい何があったのでしょうか(写真:Toru Hanai/Reuters)

テスラCEOのイーロン・マスクは、テスラ株の「非公開化を検討している」と8月7日にツイッターで宣言し、取締役会に不意打ちを食らわせた。それからわずか3週間後、今度は「気が変わった」と取締役会に伝えた。やっぱり非公開化はやめる、ということだ。

この劇的な方向転換は、マスクが取締役会と話し合った翌日の8月24日に、同社のブログで発表された。マスクはこれまでにも人騒がせな言動でウォール街の大手投資銀行を揺るがし、規制当局にも調査され、リーダーシップにも疑問が持たれてきたが、今度もまた世間を騒がせた。

自分の考えが浅かったのだと気づいた

この件に詳しい5人の人物によると、マスクは自分の考えが浅かったと気づいたのだという。非公開化によって解決される問題はあるものの、新たな問題も生じてくると認識したのだ。

彼が懸念したのは、従来型の自動車メーカーやサウジアラビアなどの投資家が、同社の経営に影響力を持ちすぎるようになることだった。また、非公開株を所有できない個人投資家を締め出すことにもなりそうだった。

同社は電気自動車が未来の一般的な交通手段になることに賭け、そのビジョンのおかげで時価総額が自動車メーカーの中で最大にもなった。しかし、550億ドルの市場価値をもってしても、多くの若い企業に起こりがちな問題にぶつかっていた。たとえば、会社の経営が株主に振り回されることなどである。

マスクの衝動的な行動が株式市場にすぐに影響することもあり、マスク自身にも厳しい視線が注がれてきた。

イェール大学経営大学院のジェフリー・ソネンフェルド教授は、「テスラの投資家が知っておかなければならないのは、同社のCEOがパニック状態であり、一貫性がなく、おそらくは自己破壊的な人物であるということだ」と言う。「彼ほど混乱した、また混乱を招くCEOはこれまでに存在しなかった」。

次ページ電気自動車会社が産油国を株主に持つ矛盾
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 中学受験のリアル
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。