パナの「テスラリスク」はEV電池だけじゃない

テスラの大規模リストラで太陽電池に暗雲

テスラが2016年10月に発表した屋根材一体型の太陽光パネル・ソーラールーフ。イーロン・マスクCEOの自宅にも備えられているという(写真:テスラ)

「テスラが経営危機にあるという認識はしていない。(テスラの量産型セダン)『モデル3』の生産遅延に対しては、担当者が毎日のようにコミュニケーションを取っている。ご懸念いただかなくても大丈夫だ」

6月27日に開かれたパナソニックの株主総会。株主から米テスラとの協業リスクを問われると、車載事業を展開するオートモーティブ・アンド・インダストリアルシステムズ社を率いる伊藤好生副社長は力強くこう答えた。

テスラとEV用電池の供給で提携するパナソニック。これまでテスラがモデル3の量産計画を2度も先延ばしにした影響もあり、二次電池事業は赤字に沈んできたが、状況は好転しているようだ。テスラは生産設備の大規模刷新などを経て、6月末には「(週次5000台の)目標を達成する可能性がかなり高い」(テスラのイーロン・マスクCEO、6月5日の株主総会での発言)。それを受けて、今はむしろ「(パナソニックがテスラに供給する)電池の供給が足りない状況も出てきた」(伊藤副社長)という。

しかし、それだけでは安心できない。実はパナソニックが直面するテスラリスクは、ほかにもある。2016年に協業を発表した太陽電池事業だ。

太陽光パネルでも生産計画未達

パナソニックとテスラが共同で運営する米ニューヨーク州のバッファロー工場。2017年12月から屋根材一体型の太陽光パネル「ソーラールーフ」を生産しており、パナソニックは生産設備などに累計300億円超を投資している。

同工場ではパナソニックがセル(単電池)を供給し、テスラ側がパネルの組み立てを担うスキーム。ただ、ここでもテスラ側が担うパネルの組み立てなどで、生産の遅れが発生している。加えて今回、テスラが太陽光関連事業の事実上の縮小に踏み切ったことが明らかになった。

次ページ太陽光事業で3000人超の人員削減
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT