「子育て休暇5日」の追加付与を公約 

スウェーデンの与党が総選挙に向けて

 8月28日、スウェーデン与党の社会民主労働党が、4─16歳の子どもを持つ親に対し、年間で5日間の休暇を追加で付与するという公約を明らかにした。写真はストックホルムで公約を発表するロベーン首相(右)ら。提供写真(2018年 ロイター/TT News Agency/Pontus Lundahl)

[ストックホルム 28日 ロイター] - 総選挙を来月に控えるスウェーデンで、与党の社会民主労働党が28日、4─16歳の子どもを持つ親に対し、年間で5日間の休暇を追加で付与するという公約を明らかにした。

世論調査では、社会民主労働党の支持率は約25%とトップで、極右・民主党、穏健党が続いている。ただ社会民主労働党の支持率は、2014年に緑の党との少数連立政権を発足させて以降、最も低い。

スウェーデンでは、フルタイム被雇用者は5週間の年次有給休暇、また長期の育児休暇が法令で定められており、他国と比べて多い水準。

社会民主労働党は発表文書で、「多くの労働者にとって、学校が休みに入る時期や子どもが勉強に集中する時期に休暇を取得することは困難だ」と指摘。「働く親への支援を拡大したい」とした。

今回発表された「子育て休暇」案のコストは年間54億スウェーデンクローナ(約658億円)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。