「子育て休暇5日」の追加付与を公約 

スウェーデンの与党が総選挙に向けて

 8月28日、スウェーデン与党の社会民主労働党が、4─16歳の子どもを持つ親に対し、年間で5日間の休暇を追加で付与するという公約を明らかにした。写真はストックホルムで公約を発表するロベーン首相(右)ら。提供写真(2018年 ロイター/TT News Agency/Pontus Lundahl)

[ストックホルム 28日 ロイター] - 総選挙を来月に控えるスウェーデンで、与党の社会民主労働党が28日、4─16歳の子どもを持つ親に対し、年間で5日間の休暇を追加で付与するという公約を明らかにした。

世論調査では、社会民主労働党の支持率は約25%とトップで、極右・民主党、穏健党が続いている。ただ社会民主労働党の支持率は、2014年に緑の党との少数連立政権を発足させて以降、最も低い。

スウェーデンでは、フルタイム被雇用者は5週間の年次有給休暇、また長期の育児休暇が法令で定められており、他国と比べて多い水準。

社会民主労働党は発表文書で、「多くの労働者にとって、学校が休みに入る時期や子どもが勉強に集中する時期に休暇を取得することは困難だ」と指摘。「働く親への支援を拡大したい」とした。

今回発表された「子育て休暇」案のコストは年間54億スウェーデンクローナ(約658億円)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ゴーン氏の知力と行動力に<br>日本政府は完敗した

佐藤優氏の連載「知の技法 出世の作法」第613回の題材は、カルロス・ゴーン被告のレバノン逃亡事件です。ゴーン氏にしてみれば逃亡を選択したのは合理的な判断で、問題は日本の出入国管理が突破されたことにあると指摘しました。