出社せず外で働きたい人はこの常識を知ろう

大企業を中心にテレワークの導入例が増加中

働き方改革の柱の一つ「テレワーク」。始める前に基本知識を整理しよう。(写真ːmonzenmachi / iStock)

「テレワークで働きたいです」

こう話すのは、就職活動を翌年に控えた大学3年生。インターン先のIT関連企業で見た、社員の働き方に憧れたようです。この学生が憧れた社員の働き方は、いわゆるモバイルワークと言われるもので、基本的には顧客先やカフェなど出先で仕事することが多く、オフィスにはあまり出社しない働き方です。テレワークのテレ(tele)とは「離れた」を意味する言葉で、「離れた場所で働く」という意味になります。 「働き方改革」の大きな柱の一つでもあるテレワークは、今、大企業を中心に導入する企業が増えています。

テレワークが常態の会社も

テレワークは雇用型と自営型に分類されます。企業に勤めている人、つまり、働き方改革の一環として企業が導入した制度を利用してテレワークを行うことを雇用型といい、いわゆるフリーランスと呼ばれる方が、自身の働き方として自由にテレワークを行うことを自営型といいます。

さらに、自宅で働く「在宅勤務」、客先やカフェ、出張中のホテルなどを就業場所とする「モバイルワーク」、サテライトオフィスやテレワークセンター等で就業する「サテライトオフィス勤務」のように働く場所によっても区分されます。

まだまだ手探りで導入し始めた企業が多いテレワークですが、比較的多くみられるのは“在宅勤務”とみられます。中でも育児や介護に配慮して導入したケースが多く、期間限定や週3日までといった利用制限を設けたものが多いようです。

その他在宅勤務以外のテレワークも、「月に3日間まではモバイルワーク可」のように利用制限を設けていることが少なくありませんが、中には、データ解析などを事業とする株式会社SiM24のように常態としてテレワークを認めている会社もあります。

次ページ働いた時間が明確に
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。