出社せず外で働きたい人はこの常識を知ろう

大企業を中心にテレワークの導入例が増加中

 海外ではABW(アクティビティ・ベースト・ワーキング)という働き方を採用する企業もあります。場所だけではなく、時間すらも自由に選択できる働き方を言います。社員自身が、この業務を行うにはいつ、どこで行うと効率が良いのかを考えて決定することができます。

評価対象は目に見える成果に

しかし、残念ながら現状の日本では労働時間に関する規制が厳しいためそこまでは進められないでしょう。それどころか、マイナンバーや個人情報保護法等の見直しをしないとテレワークそのものの普及も限界があります。規制の見直しなど、今後の動向に期待したいところです。

ただし、仮にテレワークがかなり定着した場合でも、「テレワーカーはどこでも仕事が出来て気楽でいい」「働きやすくなった」と喜んでばかりはいられないでしょう。

普段、顔を会わさない関係上「良く頑張っている」や「見えないところで気配りが出来ている」「ムードメーカーとしての役割を担っている」といった人物的な評価はされにくくなります。また、基本的に残業等もないため、労働時間の長短による評価も排除されやすくなります。

つまり、目に見える成果が評価対象となるのです。クリエイティブな仕事であれば、量ではなく質で成果を挙げられないとテレワークどころではありません。

まずはテレワークに適したスキルを持っていること、そしてそのスキルを生かして成果を挙げられることがテレワーカーになるための条件と言えるでしょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。