出社せず外で働きたい人はこの常識を知ろう

大企業を中心にテレワークの導入例が増加中

 海外ではABW(アクティビティ・ベースト・ワーキング)という働き方を採用する企業もあります。場所だけではなく、時間すらも自由に選択できる働き方を言います。社員自身が、この業務を行うにはいつ、どこで行うと効率が良いのかを考えて決定することができます。

評価対象は目に見える成果に

しかし、残念ながら現状の日本では労働時間に関する規制が厳しいためそこまでは進められないでしょう。それどころか、マイナンバーや個人情報保護法等の見直しをしないとテレワークそのものの普及も限界があります。規制の見直しなど、今後の動向に期待したいところです。

ただし、仮にテレワークがかなり定着した場合でも、「テレワーカーはどこでも仕事が出来て気楽でいい」「働きやすくなった」と喜んでばかりはいられないでしょう。

普段、顔を会わさない関係上「良く頑張っている」や「見えないところで気配りが出来ている」「ムードメーカーとしての役割を担っている」といった人物的な評価はされにくくなります。また、基本的に残業等もないため、労働時間の長短による評価も排除されやすくなります。

つまり、目に見える成果が評価対象となるのです。クリエイティブな仕事であれば、量ではなく質で成果を挙げられないとテレワークどころではありません。

まずはテレワークに適したスキルを持っていること、そしてそのスキルを生かして成果を挙げられることがテレワーカーになるための条件と言えるでしょう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。