フランス・シャンパーニュのブドウが大豊作

気候変動で収穫早まる傾向

 8月25日、ワインの大産地シャンパーニュ地方で、今年は早めにブドウの収穫が始まっている。生産者は過去10年で最高レベルの豊作になると予想している。写真は23日撮影(2018年 ロイター/Charles Platiau)

[ランス(フランス) 25日 ロイター] - ワインの大産地シャンパーニュ地方で、今年は早めにブドウの収穫が始まっている。生産者は、過去10年で最高レベルの豊作になると予想している。

例年のブドウの収穫は9月に始まるが、今年は多雨の冬と猛暑の夏で上質のブドウが豊作になるとみられ、大半の農園では8月末から収穫が始まっている。

ここ数年は悪天候で作柄が振るわなかったが、今年の生産量は昨年から56%増の350万ヘクトリットルが見込まれている。

ブドウ園組合の幹部は今年の豊作見通しについて、「シャンパーニュ地方で、質においても量においてもこのような経験はない。素晴らしいワインを仕込み、3年後に市場に出せそうだ」と語った。

しかし、異例の豊作に大半の生産者が沸いている一方、この地域で長期的な変化が始まっていると見る向きもある。

ある生産者は、「気候変動のため、8月の収穫が普通のことになる準備をしていく必要がある」と指摘。熟れすぎないブドウで作るシャンパーニュワインの個性を保つにはそうするしかないと述べた。

30年前には10月に収穫が行われる例もあったが、ここ10年間で9月でなく8月に始まった年は3回あり、すでに収穫期が早まる傾向が現れている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT