自動車関連諸税の欠陥を放置していいのか

長く保有すれば増税になる不可思議さ

子供の頃には、誰もが「モノを大切に使いましょう」「困っている人、お年寄りを大切にしましょう」と教えられた。今の自動車税制は、その心を忘れて、道徳に反する制度に陥ってしまった。これを悪法と言わずして何と言ったらいいだろうか。

自動車税/軽自動車税

自動車税と軽自動車税は、自動車を所有していると毎年納める税金だ。小型/普通車の自動車税は、排気量に応じて課税される。

軽自動車税は、自家用軽乗用車の場合、2015年3月31日までに初度届け出された車両は年額7200円だが、4月1日以降は購入後も1万800円になる。届け出された日付が1日遅いと、軽自動車税が継続的に1.5倍に値上げされてしまう。

この差額は、年額1万800円に高まる軽自動車がやがて中古車になった時、先に述べた高齢者の生活を一層困窮させる。新車の時と古い自動車では、同じ年額3600円の増税でも、ユーザーの受け取り方がまったく違うからだ。

そして自動車税と軽自動車税でも、古い車両の増税が行われる。自動車税の場合、初度登録から13年を経過したガソリン車とLPG車、同じく初度登録から11年を経過したディーゼル車は15%の増税だ。

たとえば1.6~2Lエンジンを搭載するガソリン乗用車は、標準税率は年額3万9500円だが、初度登録から13年を経過すると1.15倍の4万5400円になる。軽自動車税は、初度届け出から13年を経過すると20%上乗せされてしまう。

いずれにしても13年を超えた車両は、自動車重量税+自動車税/軽自動車税のダブル増税になるわけだ。

この増税は先に述べた高齢者福祉に逆行するだけでなく、自動車税の趣旨にも反する。「なぜ自動車税はあるのか」という話だ。

自動車税は、固定資産税などと同じ「個別財産税」に分類される。高額な財産に課税される税金だ。

それならば固定資産税と同様、車両価値の評価に基づいて税額を決めねばならない。車両の評価は時間が経過するほど安くなるから、自動車税/軽自動車税も、古い自動車ほど減税されなければ税金の趣旨に合わない。

次ページ自動車に関連した税金は燃料にも及ぶ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT