ANA機内食に登場する「世界初のパン」の正体

安心して食べられるバリアフリーパンとは?

9月1日からANAの特別機内食で提供される米粉パン(写真:コスモバイタル)

全日本空輸(ANA)の機内食に、世界初の米粉パンが登場する。

ANAは9月1日から、食物アレルギーのある乗客などに提供する「特別機内食」で、新しいパンを投入する。27品目のアレルゲンに対応するだけでなく、グルテンも含まない、まったく新しい米粉パンだ。提供するのはANAの全路線・全クラスで、希望する場合は搭乗前に予約(日本出発便は出発の24時間前、到着便は48時間前の予約)が必要になる。

多くの人が食べられる「バリアフリーパン」

グルテンは小麦などに含まれるタンパク質で、アレルギーを持つ人が食べると炎症や体調不良を起こすといわれる。そのグルテンを抜いたグルテンフリー食品は、欧米を中心に健康にいい食材としても認知されつつある。今回のパンは、そのグルテンフリーを、乳化剤や増粘多糖類などの添加物を使わずに、米粉を主成分にして実現した“世界初”のパンなのだ。

ANAのアレルゲン対応機内食の例。メインのトレイの右横にあるのが、バリアフリーパンだ(写真:ANA)

何よりの特長は、添加物を一切使っていないこと。それによって、より多くの人が安心して食べられるパンになっている。

卵や小麦、エビ・蟹などのアレルゲンは、消費者庁が表示すべきとした特定原材料27品目すべてに対応する。そのほか、牛肉や鶏肉、大豆など宗教上の理由で規制がある原料も一切使っていない。乳児に与えるうえでリスクがあるはちみつや、血糖値の上がりやすい上白糖、アスリートにとってドーピングの誘因となる漢方類なども含まれていない。

食品関連ベンチャーのコスモバイタル(東京都豊島区)が開発した米粉パンを、ANAの機内食向けにアレンジした。その米粉パンの名称は「バリアフリーパン」。つまり、多くの人にとって"障害のない”パンということだ。

次ページ昨年度は約10万食の特別機内食を提供
関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。